18779 アクセス

軽バンで車中泊を楽しもう!簡単な車の改造方法とお勧めの車種5選

車中泊をするなら、できるだけ大きい車じゃないとだめだろうなと思っている方も多いみたいなのですが…

いえいえ、そんなことはありませんよ。実は軽バンでも充分に快適な車中泊が楽しめてしまうんです!

そこで本記事では、軽バンという手軽で身近な車種で車中泊を楽しむための簡単な改造方法や、お勧めの車種情報をまとめました。

軽バンでキャンピングカー並みの豪華な旅を楽しみましょう!

広告

なぜ軽バン?普通の軽自動車、軽ワゴンじゃだめなの?

アクティバン@横浜
アクティバン@横浜 / バイク便八王子立川所沢

  • どうして軽バンがいいの?
  • 普通車じゃだめ?
  • 軽でもワゴンならだめ?

そんな声が聞こえてきそうですが、車中泊専用という事であれば、やはり軽バンに軍配があがるかと思います。

なぜかというと…

例えば軽バンの代表例としては、スズキのエブリイやダイハツのハイゼットなどが挙げられますよね?この二車種は街中でも良く見かけるのではないかと思います。

特に商売用に利用されている方が多いのですが、これは元々、軽バンという車が商用車をさすので当然といえば当然です。そして、このような軽バン商用車の特徴は、『とにかく後部座席の荷物スペースが広い』という一言に尽きるかと思います。

一方で、軽バンと比較される事が多い車種として軽ワゴンが挙げられますが、これの代表例としては、スズキのワゴンR、さらにはエブリイワゴンなどです。

軽バンが商用車なら、この軽ワゴンは乗用車であり、基本的には人を運ぶ車です。そのため、後部座席も基本的には乗用シートが設置されており、荷物スペースとしてはシートを倒してからスペースを確保して使う必要があります。

このような違いがあるため、基本的には後部座席が荷物スペースとして設計されている軽バンの方が、車の中での生活を考えると、優れていることになります。

特に寝るときの開放感やそこですごす快適さを考えると、後部スペースは広い軽バンの方が圧倒的に優れています。

以上をまとめると…

  • 軽ワゴンの後部座席は基本的には「座席」であり、車中泊にはスペースがやや狭い。
  • 軽バンの後部座席は広い荷物スペースであり、広いので使い方は自由で快適!

このような違いがあるため、やはり車中泊に的を絞って考えると、軽ワゴンよりも軽バンを選ぶ方が良いですね。

広告

車中泊仕様に改造するための最低限のポイントとは?

スペースが大きく取れるのが魅力の軽バン。でも、広いだけでいいのかな?という疑問もあるかと思います。

もちろん何もない空間は広くていいでしょう。しかし、そのままではあまりにも殺風景ですし、味気ないです。改造してこそ、車中泊も楽しめるもの。

というわけでここでは、軽バンを車中泊仕様に改造する際の最低限のコツとポイントをまとめてみました。

①寝るスペースを作る

車中泊をするというくらいですから、そういう意味でもきちんと寝るスペースは作らなければいけませんね。布団を敷いて「はい終わり」というだけでは余りにも味気ないです。

また、それだけなら快適な睡眠を得ることは難しいでしょう。やはり車中泊専用のものが必要となってきます。そこで具体的な車中泊専用キットをご紹介しましょう。

ちょいcamキットという商品をご存知ですか。これは、軽バンの後部座席を専用のベッドへと改造するための簡単なキットです。

下の写真を見ていただいたよくわかるのですが、これを使った車の中はまるでそれは小さな部屋と見間違えるかのようにすてきな空間に変わります。

(画像引用元:ちょいCam「寝るだけキット」販売サイト

素材がとても良いので、寝心地は抜群との事ですよ。

ただ単に寝るためのクッションでもいいのではないかと思いますがそうではありません。素材がやわらかく、寝返りが打ちやすく、なおかつ収納しやすかったり、持ち運びが便利だったりなど、これはそのために作られた商品であるという事は一目瞭然です。

これを用いればもちろん車中泊は全く違ったものになるのはいうまでもありません。車中泊する車というのは、寝るためのものをどれだけ準備するかということにつきます。

快適に寝るためのスペースを確保するという意味においては、このキットは外すことはできないですね。

②目隠しカーテンでプライバシーを確保する

寝るところを確保しこれで完璧だと思っていたら、思わぬ落とし穴があります。それがカーテンの存在です。これがあるとないとでは雲泥の差です。

車の中ですので、周りからジロジロ中を見られるというのは耐えられるものではありません。プライバシーの侵害の危険性があるともいえますので、目隠しカーテンを確実に使用なければいけません。

が、これは単純に車にカーテンをつければ良いというだけではないのです。完全に外から中が見えないようにしなければいけません。

また夜はいいのですが、朝になった時、朝日が入って眩しかったりするのもだめですよね。夏の場合ならば暑くてたまらないということもあるでしょう。

遮光性のものや熱をさえぎるタイプのモノなど季節に合わせてカーテンをつけたいですね。

さらに設置の仕方ですが、吸盤で止めるタイプがあったり、つっかえ棒などで固定するタイプのモノなどがあると思います。しかし、今では便利な車中泊専用の目隠しカーテンも販売されていますし、同時にその設置キットも販売されています。

そういうものもチェックしてみると良いでしょう。

またカーテンが嫌だという方はサンシェードみたいなものもあります。さらに、ガラス自体にスモークを貼るという方法もあります。

それらを併用して使ってみるのも有効だと思いますので、ぜひ取り入れてみてください。

関連記事:①サンシェード/車中泊グッズ|初心者はこの3ジャンルの必需品から揃えよう!

③収納スペースを作る

車の中というのは狭いスペースですので。おのずとキャパシティの問題が出てきます。そうなるといよいよ大事になってくるのが、収納スペースを作るということです。

旅行に行くときは沢山荷物を詰め込んで行きたいものですが、詰めたら詰めるほどスペースがなくなってしまいます。スペースをうまく作る事がとても大切になってきます。

この点に関しては、非常に参考になるブログ記事を見つけたので紹介させて頂きますね。

(参考:エブリィワゴン車中泊DIYの方法を大公開!!その②作成編/山グルイ・旅グルイ 様

ブログを読んで頂ければわかるのですが、後部スペースを改造してベッドの下に収納スペースを上手に設置しています。これは実にうまく考えられたアイディアですよ!

これならば寝るところも確保できますし、収納スペースも同時に確保できてしまいます。

この工夫一つだけでも、車中泊用の車の使い方や、車の中での過ごし方がこれまでとは全く違ったものになってくるかと思います。

せっかく改造するのであれば、このレベルまで作りこめたら楽しいでしょうね^^

広告

夏の暑さ対策のための軽バン改造の例

夏の暑さ対策として必要な事は、まずは外からの熱を遮断することです。これは室内の温度上昇を防ぐ基本中の基本になります。

他にも、冷やした空気をできるだけ外に出さないようにする事も重要です。車の中にずっとクーラーをかけっぱなしというわけにはいきませんから、せっかく冷やした空気を外に漏らさない工夫が必要です。

また、室内にこもった熱を外に排出するという逆の発想も有効なテクニックとなります。何もしないと、車内はむしろ外よりも熱くなってしまうことがあります。熱が中にこもらないようにするということが大切です。

そのためにファンを設置したり、ひんやりシートなどを引いて暑さ対策をするということも大切です。

ほかにも、収納スペースにできる限り冷たいものを敷いておくようにすれば、夜寝る時など全く違いますのでぜひやってみてください。

冬の寒さ対策のための軽バン改造の例

夏とは違って冬の場合はまだ対策は取りやすいといえます。そのため、布団やマットさえあればよいと考えている人も多いかもしれません。

しかしそれだけでは不十分なので、実は注意が必要です。

意外に思うかもしれませんが、冬の車中泊においては、例え車内であっても寝袋がおすすめなのでぜひ覚えておいて下さい。車の中だからこそ、寝袋一つという収納性の良さが生きてくるのです。

自分の体温を外に逃がさないようにすることこそが、最も省エネですし、無駄なエネルギーを排出しないという意味でも、寝袋は冬の車中泊にピッタリであるといえます。

また、小さい湯たんぽなども用意しておくとなお良いでしょう。

これだけでも随分と暖かさが違いますよ。

また、室内を改造する場合は、窓の部分にできるだけ外からの空気を入れないようにするためのテープを貼っておくのも効果的ですのでぜひお試しください。

車中泊にお勧めの軽バン5選!

①ハイゼットカーゴ|ダイハツ

(参考:【公式】ハイゼット カーゴ

荷室長(二名乗車時):1860 mm
荷室幅(二名乗車時):1315 mm
荷室高: 1115 mm
荷室床面長:(二名乗車時):1950 mm

細かい収納は運転席側にしっかりと配置されているので、後ろは本当に開放感あふれる空間となっています。これなら車中泊だけでなく、室内のアレンジも無限大に広がるほどアイデアが出てくると思います。

また、高さがあるのがうれしいですね。収納スペースもこれなら確保しやすいと思います。

マットを敷いた下にスペースをつくのもよし、上に吊るす空間を活用するのもよし。

ライフスタイルに合わせたアレンジができやすいすてきな車です。

②エブリイ|スズキ

(参考:スズキ公式

荷室長(二名乗車時):1910 mm
荷室幅(四名乗車時):1385 mm
荷室高:1240 mm
荷室床面長:(二名乗車時):1955 mm

荷物の積み下ろしのしやすさで有名な軽バンです。この特徴は、それだけ多くの荷物を載せられるということを意味していますので、荷物いが多くなりがちな長期間の車中泊にむいているといえます。

ビールケースならなんと40箱も収納できるのですから、車中泊がいかに快適なものになるか想像できますよね。まさに、「移動可能な小さな部屋」といえます。

軽バンの中でも一番だという評価も多いのですが、それも納得かなって思いますね。

とにかく広さがないとだめという方にはぴったりの車だと思います。

③サンバーバン|スバル

(参考:サンバーバン/スバル公式

荷室長(二名乗車時):1860 mm
荷室幅(二名乗車時): 1315 mm
荷室高: 1235 mm
荷室床面長:(二名乗車時):1950 mm

この車はとにかくカスタマイズしやすい車としてオススメです。

ユースフルナットやホールがとても充実していますので、アレンジがしやすいのです。バーを用いて洗濯物を干したり、棚を作ったりなど自由な発想が最大限生かせます。

また、上には小物を収納できるようになっていますので、こういったところもうまく活用するとかなり違ってきます。荷室フックもありますので、荷物などを固定させるのも安心です。

快適な車中泊を過ごす設備は最初から用意されているともいえる車ですね。

④N-VAN|ホンダ

(参考:N-VAN | Honda

荷室長(二名乗車時):1510 mm
荷室幅(四名乗車時):1390 mm
荷室高: 1365 mm
荷室床面長:(二名乗車時):1585 mm

単に中が広いというだけでなく、荷物を載せやすい車として非常に評価が高いです。ピラーレス仕様となっていますので、これは荷物の積み下ろしも、改造する際もかなり助かります。

また、夏場などは外の空気を取り入れるのもこれなら楽ですね。運転席以外はすべて使えるのも魅力です。

車の中をすべて改造できるスペースだと考えると、とてもいじりがいのある軽バンだといえます。

すべてがフラットに使えるので、寝るときも窮屈な感じがしません。

⑤ミニキャブバン|三菱

(参考:MITSUBISHI MOTORS公式

荷室長(二名乗車時):1910 mm
荷室幅(四名乗車時):1385 mm
荷室高: 1240 mm
荷室床面長:(二名乗車時):1955 mm

助手席を倒して利用すると、床面長が2640mmもありますから、身長の高い方でもこれなら楽々と寝ることができますね。中は荷物の積み下ろしのしやすさを追求して作ったものですので、とにかく車中泊をやってみたいという方にはいいかもしれません。

また、空間も広いので、アレンジがしやすいのも特徴です。

これだけのスペースがあれば、少々荷物をいれてかさばっても、問題ないと思います。

広告

車中泊仕様の改造方法がわかる動画3選!

①【車中泊改造】キャンピングカー歴20年のオヤジが作る軽バン車中泊仕様車・後部キャビンのフラット化 / せんてんすくらぶ YouTube出張所 Mountain video of Japan 様

この動画には、単なる軽バンの改造方法だけでなく、車での旅を快適に過ごすための多くのノウハウが解説されています。

ベッドの機材を固定してしまうのではなく、取り外せるようにしている点や、あくまで携帯性を重視している点など見ていてとても勉強になりますよ。

さらに既製品を購入するのではなく、自分でカスタマイズしてしているところが見どころでもあり、車中泊仕様への軽バンの改造のコツがとても丁寧に解説されています。

何度も静止してチェックしたくなる、教科書のような動画ですね。

②ホームセンターの道具だけでここまで作れる!個人作成の車中泊軽キャンピングカーを独占取材!【スズキ エブリィ】/らんたいむ[runtime] 様

『車中泊専用の改造車というよりも、キャンピングカーの作り方といった方がいいのではないか?』といった内容のマニアックな動画ですw

思わず真似したくなるようなアイデアも満載で、見ているだけでワクワクするかと思います。

改造の特徴としては、百均や DIY センターに限らず、どこでも手に入るようなものを使って、誰もが一度は手にしたことある品物をうまく活用しています。

誰もができる、誰もが普通に気づくことを最大限に利用している点が見どころですね。

たとえば、磁石をあれだけ巧みに利用したり、ふすまの取っ手の部分がまさかドリンク置きにしたりなど…

いろいろなアイデアがてんこ盛りなので、一見の価値ありですよ!

③車中泊仕様エブリィ 高クオリティ激安DIY♪100均グッズの活用術と釣り仕様自作ベッドキットを紹介【DA64VJOINターボ】 / クロワークス KUROWORKS 様


既製品を購入せず、自作しまくるなんともワイルドな改造動画です。

例えば、改造の素材に使われているのがなんと発砲スチロールでして、100均グッズをうまく取り入れていますので、見ている方としても『こんなに安く改造できるのか!』と勉強になるかと思います。

初心者なら何回もみたくなりますし、上級者でも勉強になる部分がたくさんありますので、きっと参考になるかと思います。

広告

車中泊の楽しみと軽バン改造が学べる素敵なブログの紹介

軽バン(エブリイ)車中泊改造&サイト管理者の生態/せんてんすくらぶ.net様

(参考:https://xn--y8jtaf8b0e7ewcb.net/index2.htm

車中泊仕様の改造をしたいと思っていても、具体的にどんな方法で改造すればいいのかわからない方も沢山いるでしょう。そのような基本的な情報を知りたがっている人にぴったりのブログ記事です。

Youtubeチャンネルとも連動していて、動画付きで詳細に説明してくれています。

もちろん、全ての改造テクがこのブログには文章でも書かれてありますので、その点でも参照しやすいのが嬉しいですね。

ですので、何度か動画を見てそのテクニックを学んでみるのも良いですし、自分では想像できなかった改装テクニックみたいなものを真似るのもいいかもしれません。

初めての軽バン改造でには最適の記事だと思います。

【車中泊快適化大作戦】軽自動車にベッドマットと棚をDIYして旅に出た/hirokenji.com様

(参考:http://hirokenji.com/blog/2018/03/13/lightvans-diy/

このブログ記事は、DIYでダイハツのアトレーワゴンを車中泊仕様に改造する一連の流れが順を追って確認できます。

作者様は専門的にCADを勉強されていたそうでして、その知識をうまく利用して設計から改造までを自分の手で行っています。

寸法や材料なども具体的にのせてくれているのがありがたいですね。

作り方だけでなく、どれぐらい費用がかかったのかなどの情報も書かれている点も有難いですね。

車中泊の装備リスト/日本一周たそがれの旅 様

(参考:http://tasogaretabi.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

車中泊するために、かなり凝った改造をしたい人もいるかと思いますが、そのような車中泊マニアの皆さんにピッタリの専門的なブログ記事になります。

例えば断熱シェード、地デジアンテナの作り方、ソーラーパネルの設置の仕方など、かなりマニアックなところまで記載されています。

これまで詳細に書かれてあるものは珍しいので、かなり参考になるのではないでしょうか。

完璧な車中泊装備という点で本当に勉強になるブログだと思います。

おまけ~車中泊便利グッズの簡単な紹介~

軽バン車中泊を強力にサポートしてくれる便利な物があるのですが、思いつきますでしょうか?これらがあれば本当に便利で、車中泊を思う存分楽しむことができるというものです。

例えば・・・

  • 快眠グッズとしてアイマスク
  • 充電器具
  • 小さな扇風機

などがそのようなグッズの代表例として挙げられます。車中泊をすこしでも快適なものにしたいと思うなら、車の改造に加えて、これらの便利グッズを取り入れることをおすすめします。

この点に関しては、以下の記事でもう少し詳しく解説していますので、興味がある人はぜひご覧になって下いね!

車中泊グッズ|初心者はこの3ジャンルの必需品から揃えよう!

まとめ

車中泊にぴったりな軽バンとその簡単な改造方法を紹介しました。軽バンという車種はアレンジと改造がしやすく、快適な車中泊にピッタリという事もご理解頂けたかと思います。

車の改造は車中泊の密かな楽しみでもありますので、本記事の内容も参考にして、ぜひあなただけのアイディア満載な改造をしてみてくださいね。

あなただけの特別な車中泊、楽しんじゃいましょう!

広告