1. TOP
  2. マリンアクティビティー
  3. 初心者のためのSUPの服装選び講座【季節と男女別編】

初心者のためのSUPの服装選び講座【季節と男女別編】

 2018/07/13 マリンアクティビティー
この記事は約 16 分で読めます。 2,808 Views

『SUPを始めたいんだけど、そもそもどんな服装で行けばいいの?』と悩んでいる人のための記事です。

手軽に海上散歩が楽しめるSUPは、男女を問わず非常に人気のマリンスポーツですが、お手軽であるだけに、服装選びなどで少し悩んでしまいますよね?

そこで本特集では、季節別、男女別の服装選びのコツや、あると便利な小物、そして、おしゃれな服装でSUPを楽しむための人気ブランド情報などをまとめました。

安全に、そしてカッコよく決めましょう!

Contents

SUPの基本的な服装について

GOPR1032
GOPR1032 / Julio Lopes

SUP(Stand Up Paddle board、スタンドアップパドルボード)は、大き目のサーフボードのような専用のボードとパドルで水上を漕いで移動するマリンスポーツです。

『誰でも手軽に楽しめるサーフィン』といったイメージなのですが、基本的には『必ず濡れるスポーツ』ですので、サーフィンと同じように落水を前提とした服装が基本になります。

夏に楽しむ人が多いとは思いますが、この時期であれば基本的には男女ともに水着がベースとなります。

これにラッシュガードや帽子等の日焼けや対策を施し、安全性を高めるためにPFD(=ライフジャケット)を着用すれば準備OKですね。

また、忘れがちなのが足元です。かかとが付いていないクロックスタイプのサンダルやビーチサンダルは、SUPの上で脱げてしまったり、踏ん張りが効かないためNGです。

マリンシューズや濡れても良いスニーカーなどを準備しておきましょう。

  • 落水を前提とした服装が基本
  • ハイシーズンの夏は水着+ライフジャケットでOK
  • ラッシュガード、帽子等の紫外線対策も重要
  • 足元はマリンシューズがベスト(ビーチサンダル、クロックスはNG)

男女別&季節別のお勧めの服装

一年中楽しめるSUPですが、それだけに、楽しむ季節によって服装も大きく変わってきます。そこでここでは、四季それぞれの気候に合わせたお勧めの服装を男女別にまとめてみました。

あなたがSUPを始める時期に合わせてピッタリの服装を選んで下さいね。

夏(7月~9月上旬)⇒基本は水着でOKですが、紫外線対策が重要です。

夏はSUPのベストシーズンと言っても良いでしょう。

この時期は、そのまま海に飛び込めるような服装、つまり水着が男女ともに基本になりますが、これだけでは不十分であり、ラッシュガードのような日焼け対策としてのシャツ、帽子などが必要になります。

なぜかというと、この時期の海の上は、頭上の太陽、そして海面からの照り返しがあるため、紫外線対策なしでは一時間程度の海上散歩でも火傷のような日焼けをしてしまいます。

ですので、『水着+完璧な紫外線対策』が、男女を問わずにこの季節の服装の基本だと考えて下さい。

さて次に、男女別の具体的な服装の例を見ていきましょう!

夏のSUPにお勧めの服装~男性編~

ボードショーツ(またはハーフパンツ型の水着)

(画像引用元:クイックシルバー

出来れば純粋な水着よりも、街歩きもできるようなポケット付きのボードショーツが一つあれば、サーフで楽しむ水上アクティビティー全般に使う事が出来て便利です。最近のボードショーツは一つのファッションスタイルとしても確立していますので、おしゃれな物を選べるのも嬉しいですね。

なお、SUPで使う事を考えると、日焼け対策と言いう意味からは少し丈の長い物をお勧めします。

暑さにどうしても耐えられなくなったら、そのまま海に飛び込んじゃいましょう!

ラッシュガード

(画像引用元:Amazon

上半身の紫外線対策としてラッシュガードは必須です。直射日光は予想以上に体力を消耗させますので、できれば長袖タイプが理想になります。

PFD(=ライフジャケット)

(画像引用元:サウスウインド

PFDとは、Personal Floating Deviceの略であり、落水時に浮力を稼ぐための救命胴衣の事です。私たち日本人にとってはライフジャケットという名称の方が一般的かもしれませんね。

SUPという水上アクティビティーは、特に慣れないうちは必ず落水すると考えておいた方が良いため、ライフジャケットは必須のアイテムであり、服装の延長としてとらえておくべきですね。

丈がお腹まで程度の短めのものが、パドル操作の邪魔にもならずに使いやすく、最近ではそのようなSUP専用のPFDも販売されています。

ハット型の帽子

(画像引用元:パタゴニア

海上の日光は非常に強力ですので、頭の紫外線対策としてハット型のつばの大きな帽子を必ず準備しておいて下さい。キャップ型では日よけ機能としては不十分ですので、必ずハット型でつばが360度くるり頭を囲ってくれるものになります。

『探検家の帽子』といえばイメージがつきやすいでしょうか?

  • サーフハット
  • サファリハット
  • ビーチハット
  • マリンハット

このような名称のものであれば基本的に実用に耐えます。

その中でも特にサーフィン、SUP等の水上アクティビティー専用のものであれば、少しお値段が高くなりますが、UVカット機能や撥水性能も優れており、非常にお勧めですね。

滑り止め付きのマリングローブ

SUPは手元が必ず濡れる遊びですので、素手でパドルを掴んでいるとかなり滑りやすいです。そのため、専用のマリングローブが必要になります。

夏の場合は特に通気性の良いメッシュ素材のものを選ぶと、不快感もなく安全にパドリングが出来ますよ。

マリンシューズ、もしくは濡れても良いスニーカー

クロックスやビーチサンダルは、かかとが固定されていないため濡れたSUPの上で脱げやすく、非常に危険です。そのため、マリンシューズと呼ばれる速乾性、通気性、動き易さに優れたマリンスポーツ専用の靴をお勧めします。

選び方のコツとしては、SUPの上で踏ん張りが効くことが重要であるため、ストレッチ性と滑り止めの性能に優れたものが最低条件です。

その上で、足のサイズにピッタリのフィット感のものを選べば、SUPの上で身体のバランスを取りやすくなるはずです。

夏のSUPにお勧めの服装~女性編~

2015 Gasparilla SUP Invasion
2015 Gasparilla SUP Invasion / SPonzilloTV

基本的な服装選びの考え方は、男性と同じです。つまり、『水着をベースとして、紫外線対策を完璧にする!』というコンセプトで充分なのですが…

女性の場合は特に、紫外線対策に以下のような工夫が必要になります。

水着はビキニでもOKですが…

インナ―として着る水着ですが、SUPの運動量はそこまで激しくありませんので、スポーツタイプの水着を選ぶ必要はありません。海水浴やプールで着るようなデザイン重視のビキニでも大丈夫です。

ただし、少しのストレッチでも脱げてしまうような紐ビキニなどはやめておきましょうね(笑)

お気に入りの可愛いデザインのものを選んでSUPを楽しんでください!

ラッシュパーカー、もしくは長袖のラッシュガード

(画像引用元:ROXY

水着だけでは露出した部分が必ず日焼けしますので、上半身の紫外線対策は必須です。

特に女性の場合は日焼けが気になるでしょうから、身体にピッタリとフィットする長袖のラッシュガードを着る事をお勧めします。これなら速乾性も優れているため、暑さ対策としてそのまま海に飛び込んでクールダウンする事もできますよ。

ただし、ラッシュガードでは身体の線が目立つのが気になるという女性もいるかもしれませんね。そういった場合は、体型をカバーしやすいラッシュパーカーがお勧めです。

このような服装は、紫外線対策だけでなく、体感温度も下げてくれるため、水着だけよりも涼しく感じるというメリットもあります。

ボードショーツとラッシュトレンカの組み合わせ

(画像引用元:Amazon

下半身、脚の日焼け対策としては、丈が長めのボードショーツだけでは不十分ですので、ぜひラッシュトレンカをその下に着込んでください。これはラッシュガードと同じ素材であり、紫外線対策、そして体感温度を下げる機能があります。

下半身の紫外線対策はこれ一つで充分ですので、女性の皆さんは必ず準備する事をお勧めします。

サンシェード付きのサーフハット

(画像引用元:ROXY

頭部の紫外線対策についてはサーフハットが最も適しているのですが、出来れば後頭部から首元まで日差しよけのサンシェードが付いているものがお勧めです。

また、日よけのつばも出来るだけ大きな物を選びましょう。

このタイプのサーフハットは、ほとんどの場合サンシェードが脱着可能ですので、真夏のシーズンが過ぎたら普通のサーフハットとしても使えてお得ですよ。

春・秋(4月~6月、9月下旬~11月)⇒夏の服装+防寒対策が基本です。

初春、晩秋の海は予想以上に冷え込みますので、男女ともに夏に比べて防寒対策を行う必要があります。そのため、帽子、グローブ、シューズについては、気温に合わせて冬用のものを選ぶ方が良い場合もあるので注意して下さい。

また、夏場の紫外線対策としてピッタリのラッシュガード、ラッシュトレンカについては、春と秋の場合は体感温度を下げてしまうためむしろ逆効果です。

  • 上半身:長袖のタッパー(ウェットスーツと同じ素材でできたトップス)
  • 下半身:長ズボンタイプのウェットパンツ

このような服装であれば保温性にも優れており、初春と晩秋の寒さ対策にも適しています。

特にこの時期は季節の変わり目を挟むため気温変動も大きく、服装選びが難しいのですが、『予想以上に冷える』という認識をもっておくと、服装選びでも失敗が少なくなると思いますよ。

冬(12月~3月)⇒完璧な防寒対策を!

この時期にSUPを楽しむ人は少ないとは思いますが、もしチャレンジするのであれば、真冬のサーフィンと同様に完璧な防寒対策が必要になります。

いくつかパターンが考えられますが、男女ともに以下のような服装・・・というか、装備が基本となりますね。

  • ①セミドライスーツ
  • ②ウェットスーツ
  • ②長袖のタッパー+ロングジョン(ウェットスーツの一種)

防寒性能は生地の厚さに依存しますが、3~5㎜程度が標準であり、地域や海水温に合わせて選びます。

また、紫外線対策の帽子が必要な場合は、必ず耳当て付きの冬用のものを選んで下さい。これがあるだけで冬のSUPの体感温度は随分と変わります。

SUPで使われるウェットスーツの種類について

上で紹介したように初春、晩秋、冬のSUPで活躍するウェットスーツですが、いくつか種類があるためSUP未体験の人にとっては少しわかりづらい部分もあったかと思います。

そこでここでは、代表的なウェットスーツの種類について簡単にまとめてみました。

フルスーツ

(画像引用元:パタゴニア

手首から足首までスッポリと覆う形のウェットスーツです。最も一般的なウェットスーツかもしれませんね。真夏以外の全てのシーズンで活躍するため、本気でSUPを楽しむなら最初に揃えたいウェットスーツです。

ロングジョン

(画像引用元:パタゴニア

ノースリーブで首下から足首までを一枚の素材で覆ったツナギタイプのウェットスーツです。真夏の8月以外の季節であれば、上半身のコーディネイトを自由に選ぶ事で幅広いシーズンに対応します。

ウェットジャケット(タッパー)

(画像引用元:Amazon

ベストタイプの上半身用ウェットスーツです。

上で紹介したロングジョンに合わせて着用すると、首下からお腹の部分まではウェットスーツの素材が二重となります。そのため、春先、初冬などの低水温気の防寒対策として非常に便利です。

一方で少し水温が高いけどラッシュガードは少し肌寒いという場合は、下半身をボードショーツ、上半身をウェットジャケットとする事も可能であり、幅広い季節に対応します。

セミドライスーツ

冬のSUPに最適な保温性に優れたウェットスーツです。

完全防水のドライスーツではないのですが、それでも手首、足首、ジッパー部分からの浸水は比較的抑えられるように設計されており、裏地も起毛処理などが施されているため防寒性能に優れています。

SUP用のライフジャケットの選び方

(画像引用元:イーキュージャパン

『そもそもSUPにライフジャケットは必要なの?』という疑問もあるかと思いますが、原則としては必要だと考えて下さい。

特に夏場だけSUPを楽しむ人が多いと思うですが、この時期は水着をベースとする服装になります。そして、水着だけでは当然浮力はありませんので、落水の可能性が高いSUPではライフジャケットは必須です。

選び方のコツとしては、立ってパドル操作を行うのがSUPの特徴ですので、身体へのフィット感が高く上半身の動きを邪魔しないSUP専用のタイプを選びましょう。

カヤック用でも代用は出来ますが、SUPの方が上半身の運動が多いため、特に波乗りをしたいのであればSUP専用のものを選ぶ必要があります。

なお、カヤック用のライフジャケットについては以下の記事に選び方のコツをまとめていますので、興味がある人は参考になさって下さい。

SUPの必需品&あると便利な小物まとめ

2016 French Broad 4
2016 French Broad 4 / anoldent

SUPは最も手軽に海上散歩や波乗りが楽しめるスポーツですが、ボードやパドル以外の必需品や、あると便利な小物もいくつかあります。

そこでここでは、より快適にSUPを楽しむためのアイテムをまとめてみました。

スマホ防水ケース

手元が必ず濡れる遊びですので、スマホの防水ケースは必須です。安いものであればジップロックのように密閉する袋タイプのものが千円程度から購入できます。

また、手元が濡れているとスマホを落としたりしやすいのですが、そのような時のために耐ショック性と防水性に優れたハードケースもあるので、本気でSUPを楽しむのであればこちらの方が圧倒的にお勧めですね。

ウォーターキャリー

(画像引用元:Amazon

水筒でも構いませんが、SUPの上でコロコロ転がって落水する事もあるので、可能であればライフジャケットに入るようなパックタイプのものがお勧めです。

SUPには、カヤックのように水面とボードを遮る壁がないので、基本的に転がる形状のものは持ち込まないようにしましょう。

SUPに乗せるための防水バッグ

(画像引用元:Amazon

SUPに固定して使える専用の防水バックです。必要なものはこれ一つにまとめて、SUP上に固定しておくと便利です。

財布などの貴重品を車などに置くのは危険ですので、保管場所がない場合はこのようなバックを利用しましょう。

サングラス

以外に忘れがちなのがサングラスです。海上の紫外線と日光は、頭上と水面からの照り返しの両方があるため非常に強く、目に大きな刺激となります。

一時間以上SUPを楽しむ場合は必ず持参しましょう。

ポンチョ

着替えのためのスペースがない場合に、ポンチョがあればどこでも着替えが出来て便利です。

『着替え用ポンチョ』という名称で様々な種類が販売されていますので、女性の場合は特に準備しておくと良いでしょう。

SUPを楽しみ尽くすための日焼け対策について

SUPをはじめとして海上、水上で楽しむアクティビティーは、季節を問わず紫外線対策が必要になってきます。

特にこのアクティビティーのベストシーズンである夏は、対策なしで一時間も海上にでていると、素肌が露出した部分は軽い水膨れのような火傷にまで発展してしまう事もあります。

ですので、8月のような真夏の泳げるシーズンは特に、ラッシュガードやラッシュトレンカで出来るだけ素肌を隠す事が重要です。

もちろんUVカットの帽子、サングラスも忘れずに着用しましょう。

なお、顔や首筋などの素肌がどうしても露出してしまう部位については、必ず日焼け止めクリーム等の対策をしておく必要があります。

もちろん汗や水しぶきで流れ落ちてしまうため完璧とは言えませんが、やらないよりはマシですし、SUP上に持ち込んで適宜塗りなおしてあげるだけでも効果が違います。

この点に関しては、最近では『飲むタイプの日焼け止めサプリ』という対策も注目を浴びており、特にマリンスポーツを楽しむ女性に人気です。

ですので、紫外線対策、日焼け対策を完璧にしたいという事であれば、塗るタイプの日焼け止めと合わせて、このような飲む日焼け止めサプリも試してみるといいかもしれませんよ。

おしゃれなSUPの服とブランド5選!

特に夏場のSUPは、他の季節と違ってボードショーツや水着、サンダル、帽子などのようにサーフでのおしゃれが思う存分楽しめます。

そこでここでは、男性・女性を問わずに人気のサーフブランドを集めてみました。

Patagonia(男性・女性向け)

(画像引用元:パタゴニア

皆さんご存知のアウトドア総合ブランドです。

SUP, サーフィンをはじめとする海のアウトドアファッションも得意であり、男性、女性ともに高い機能性と落ち着いたデザインが特徴ですね。

水着、小物だけでなくウェットスーツやラッシュガードなども販売しています。

大人のアウトドアを満喫したい人に選んで欲しいブランドですね。

クイックシルバー(男性向け)

(画像引用元:クイックシルバー

男性向けのボードショーツで最も歴史があるブランドの一つであり、現在のボードショーツの原型にもなっているデザインを多く生み出しています。

夏場に着るためのボードショーツ選びで迷ったら、とりあえずここから選んでおけば間違いがないですね。

ROXY(女性向け)

(画像引用元:ROXY

ビーチウェアが得意な女性ブランドであり、上で紹介したクイックシルバーの女性版という位置づけになります。

高いファッション性の女性用ウェア求めるのであれば一押しのブランドですね。

SUP、サーフィンのようなマリンスポーツ以外の目的であっても、ビキニやワンピースの水着など可愛らしいデザインのものが多数揃っています。

『女の子のためのビーチウェアが欲しい!』との声に答えて生まれたブランドですので、サーフで思いっきりおしゃれを楽しみたい女性にとってはピッタリのブランドであるといえます。

ハーレー(男性・女性向け)

(画像引用元:ハーレー

サーフファッションに特化したブランドであり、男性、女性ともに機能性の高さと若者向けの少し尖ったデザインが特徴です。

実用性で選ぶなら一押しのブランドと言えるでしょう。

他のブランドよりも若干価格も控えめなのも嬉しいですね。

アダル(女性向け)

(画像引用元:アダル

2014年にローマで生まれたばかりの女性向けサーフウェアブランドです。

どことなくノスタルジックな懐かしいデザインが特徴ですね。

ビーチで他の人とデザインが被るのが嫌な女性が自分だけの一着を見つけやすく、思いっきり個性を発揮できるユニークなブランドであると言えます。

まとめ

一言でまとめると…『SUPは濡れる事を前提にして、完璧な紫外線対策と最高のおしゃれで楽しもう!』というお話でした。

この新しいマリンスポーツは、一年中、そして性別を問わずに手軽に楽しめるアクティビティーです。防水対策や紫外線対策などの基本を押さえていけば、とてもおしゃれな服装で楽しむ事ができます。

ぜひ、本記事で紹介したようなブランドも参考にしながら、SUPでの海上散歩をカッコよく楽しんじゃってください!

本メディアでは、SUPという手軽な海上散歩が楽しめるアクティビティー全般に関して、道具選びやあそび方に関する特集記事も準備しています。

本気でSUPをはじめたいという事であれば、こちらの記事も合わせてご覧になって下さいね!

SUPボードの人気ブランド一覧(31選)と目的別お勧めボード5選

SUPフィッシング超入門|最低限必要な装備と始め方のヒントまとめ

本記事があなたのアウトドアライフの一助に、そして、あなたのSUPデビューの参考になれば嬉しいです

\ SNSでシェアしよう! /

アウトドアな俺たち|アウトドア系トレンド情報のWEBマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アウトドアな俺たち|アウトドア系トレンド情報のWEBマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部(るあらび)

編集部(るあらび)

アウトドアな俺たち編集長。

九州の南端に在住するルアーフィッシングが生きる目的な40代のおじさんです。

主に釣り、ウォーターアクティビティー関連の記事を執筆しています。

あなたがアウトドアを始めるきっかけを作れたら・・・と思ってこのメディアを立ち上げました。







『かっこいい大人達よ・・・もっと外で遊ぼう!』

といった事を伝えていけたらと考えています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 秘密のクリップ?|シーバスのワームをジグヘッドにまっすぐ刺す裏技

  • 静ヘッドとパワーヘッド|名作シグヘッドの相違点と使い分け術まとめ

  • シーバス用ワーム名作6選|ジグヘッドの具(ぐ)はこれだけでいい!

  • シーバスワインド釣法の基礎知識まとめ(仕掛けと釣り方)

関連記事

  • 失敗しないカヤックパドルの選び方とおすすめ10選!

  • カヤックジギングの始め方|タックル、ルアー選びと釣り方の基礎

  • SUPフィッシング超入門|最低限必要な装備と始め方のヒントまとめ

  • 初心者のためのカヤック釣り入門|必要な道具と始め方のヒントまとめ

  • 初めてのシーカヤック|どのような服装と持ち物が必要?

  • 足漕ぎカヤックフィッシング|その魅力と始め方、装備選びの基礎知識