釣り・ルアーフィッシング

ヒラメルアーのカラー|『ゴールドかピンク』という定説の理由とは?

ルアー

( ゚Д゚) 『俺のヒラメルアー、ピンクばっかり・・・』

( ゚Д゚) 『あと、ゴールドもいっぱい・・・』

( ゚Д゚) 『カラー選び、これでホントに合ってるの???』

ってお悩み中なヒラメハンターの皆様のための特集記事でーす。

ヒラメルアーの代表的なカラーといえば、多くのヒラメアングラーは『ピンクかゴールド系』と答えるかと思います。

これに科学的な根拠があるのかといえば、残念ですが、全くありませんw

というのも、ヒラメの視力と色彩感覚、そしてルアーの捕食活性に関する系統だった研究はこれまでに行われていません。

そのため、この定説は、釣り人の経験則とカンにすぎないという事になります。

(注:ちなみにシーバスの場合は、ルアーカラーに関する面白い研究が発表されています。詳しくはこちらの記事『シーバスルアーのカラー|シチュエーション別カラー選びの基礎知識』にまとめました。)

では、なぜこの二つのカラーが多くのヒラメアングラーに支持されているのでしょうか?

私は2つの理由があると考えています。

  • ヒラメは視力に頼って捕食するから目立つカラーが良い説
  • 堀田プロのごり押し説(笑)

どちらが正解かはよく解りませんが、カラー選びの一助になればこれ幸い♪

 

理由①|ヒラメは視力に頼って捕食するから目立つカラーが良い説

ヒラメという魚は目視でベイトを確認し、それから捕食動作へと移る性質を持ちます。

そのため、まずは目立つカラーでアピールしてあげる事が何よりも重要と考えられます。

これは特にサーフのような元々の魚影が濃くはないフィールドにおいては、非常に合理的な説明だと私も思います。

だって、サーフなんて元々、ヒラメの個体数は非常に少ないわけですよね?

そのような魚影の薄いフィールドでは、ナチュラルカラーの自然なアピールよりも、ゴールドやピンクのような派手なカラーで活性が高いヒラメにルアーを見つけてもらう方が、釣果に繋がる確率があがるといえます。

これはより解りやすく表現すると、『サーフのようなだだっ広いフィールドだからこそ、目立つカラーが良い』という理屈になります。

『ヒラメだからゴールドとピンク』というよりはむしろ、『サーフだからこそ、ゴールドとピンク』という方が納得しやすいかな?とも思いますね。

 

理由②|堀田プロのごり押し説(笑)

これは半分は私の冗談であり、そして半分は本気なんですが…

シマノから販売されているサーフ用のヒラメミノーに、その名もずばり『ヒラメミノーIII』という名作ミノーがあります。

これは、サーフのヒラメ釣りの第一人者である『堀田 光哉プロ』の監修作品であり、『III』という名前からわかるようにシリーズ三作品目です。

で、このヒラメミノーの初代シリーズにおいて、堀田プロがこだわって配色した一つのルアーカラーがあります。

大型ミノーでは(おそらく)初めて、全身金ぴかのゴールドカラーであり、そのカラー名称が『ヒラメゴールド』でした。

このカラーは、サーフという広いフィールドで非常に目立つアピールカラーであり、なによりも斬新なカラーリングであった事から多くのサーフアングラーに選ばれ、そして圧倒的な釣果を叩き出したんだそうです。

そしてそれはいつの間にか、神話になり、伝説ともなりました。

『ヒラメはゴールドが好きなんじゃね・・・?』という、そんな伝説であり、美しい神話。

この瞬間に、『ヒラメ=ゴールド』という一つのセオリーが生まれました(・・・たぶんですけどねw)。

時は流れて・・・

それから数年の後、サーフのヒラメゲームは日本中で大流行の兆しを見せています。

ヒラメミノーシリーズ、そしてヒラメゴールドという『The ヒラメルアーカラー』を発明した堀田プロは、この世界の第一人者であり、そして超有名人ですよね?

きっとこの記事を読んでいる人も、この事は充分にご存知だと思います。

そんな堀田プロは、現在でもシマノやDUOのような一流ブランドで、多くのサーフヒラメルアーの開発に関与していますが、ここ数年の作品で必ず採用している配色があるんです。

もうおわかりですよね?

それが、全身ド派手な明るいピンクカラー。

そして堀田プロは、多くのテレビ番組や雑誌などでこのような言及を多く重ねておられます。

『やっぱヒラメはピンクだよね~♪』・・・と。

つまりまとめると、『ホッティーこと堀田プロの影響力がデカすぎて、ゴールドとピンクがいつの間にかサーフヒラメルアーの定番になってしまった』っていうオチですw

誤解が無いように言い訳しておくと、この話は全く裏を取っていませんし、別に取材もしてません。

ヒラメミノーシリーズという名作ミノーの歴史、そして、みんな大好きなホッティーの言動をウォッチしながら、私が勝手に妄想しただけですw

ただし、この『ゴールドとピンク』というカラーは、先ほど解説した『サーフで少しでも目立つカラーを!』という選択基準に直球ど真ん中であてはまる事に気づいて欲しいのです。

特にピンクというカラーは、若干の蛍光性も持つため光量が低い朝まずめ、夕まずめでも水中で非常に目立ちます。

そのため、個体数の少ないヒラメにだだっ広いサーフで見つけてもらうには、もってこいの優秀なカラーです。

このような観点から考えると、ゴールドとピンクという『堀田氏ごり押しカラー』は、ヒラメアングラーの経験則と夢、そして、ホッティーへの憧れが詰まった最高のヒラメ専用カラーと呼べるのかもしれないと個人的には考えています。

ちなみに私は、朝まずめのサーフでは、ゴールドかピンク系のルアーばかり投げています。そして、ヒラメミノーIIIのお気に入りカラーは、ピックバックが素敵な『カガヤキヒラメリョク』というピンク系のド定番カラーです。

このカラー選択の理由は、ホッティーが『ヒラメはピンクが好き』って言っていたからですw


めでたし。

めでたし!

 

関連記事の紹介

サーフのヒラメ釣りの始め方、ルアー選びのコツ、名作ルアーなどについては、以下の記事をご参考に♪

ABOUT ME
編集部(るあらび)
編集部(るあらび)
アウトドアな俺たち編集長。 九州の南端に在住するルアーフィッシングが生きる目的な40代のおじさんです。 主に釣り、ウォーターアクティビティー関連の記事を執筆しています。 あなたがアウトドアを始めるきっかけを作れたら・・・と思ってこのメディアを立ち上げました。 。 。 。 『かっこいい大人達よ・・・もっと外で遊ぼう!』 といった事を伝えていけたらと考えています。