アウトドアな鹿児島

オートキャンプ森のかわなべ|超万能型のちょっとセレブなキャンプ場

オートキャンプ 森のかわなべ

 

(/・ω・)/ 『そういえば、俺ってオートキャンプ場には、あんまりいかんよな。。。』

(/・ω・)/ 『食わず嫌いは良くないよな。。。』

(/・ω・)/ 『いっちょ、偵察の価値、ありだよな。。。』

ってな事を考える事も多くなってきた、秋のある日。

3人しかいない俺の友人にラインで聞いてみたら、こんな返信をもらいました。

友人A ( ゚Д゚) 『かわなべ?』

ってなわけで、非常に少ないヒントを頼りに見つけたのが、『オートキャンプの森 かわなべ』っていうキャンプ場です。

半信半疑で偵察してきたら大当たりのキャンプ場だったので、レポートしまっす!

このキャンプ場のスペックをさらす!

今回の舞台は、錦江湾の真ん中左くらいにある南九州市ってところ。

ちょいと山奥にある、夏涼しそうなオートキャンプ場でごさいまして、具体的にはこんな感じでーす。

施設の概要

正式名称 オートキャンプ 森のかわなべ
ホームページ 【公式】オートキャンプ 森のかわなべ
住所 〒897-0203 鹿児島県南九州市川辺町野崎8138-1
Tel 0993-56-4342
駐車場 有り
キャンプ場のタイプ
  • オートキャンプ場(電源あり)
  • 車OKの芝生フリーサイトあり(電源なし)

施設内をぐるりと車で移動できまして、真ん中にフリーの芝生テントサイトがあります。

で、その周辺が区画整備された電源付きのオートキャンプエリアです。

バンガローとかはないけど、トレーラーサイトとか、ゲル棟とかがあります。

設備のイロハ
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:14:00
  • 芝生のフリーサイト+区画された電源サイトの2種類
  • シャワー有り
  • トイレ有り
  • 自動販売機有り
  • 洗濯機あり
  • 炊事棟有り
  • 遊具あり
  • ボルダリング施設あり
  • ドッグランあり
  • マウンテンバイクコースあり
  • 薪、炭などの販売有り
  • バーベキューグッズレンタル有り
  • モンゴル移動式住居ゲル有り
  • 施設内をぐるりと一周車で移動できます
  • 設備超充実のセレブなオートキャンプ場
料金の概略
  • 入場料:大人620円, 小人(小・中学生)310円
  • テントサイト(電源有り):3,140円~
  • フリーサイト(電源なし):1,400円

他にも、トレーラーサイト、モンゴル式移動式住居のサイトなんかもあります。

詳しくは、公式サイトをご覧あれ~♪

【公式】オートキャンプ森のかわなべ

予約方法 下記からネット予約

サイト情報/【公式】オートキャンプ森のかわなべ

オートキャンプ専用という事もあって、お値段は若干高めの設定です。

でも、設備は超充実してまして、初心者キャンパーさんでも安心の、そんなキャンプ場です。

アクセス

(*スマホで閲覧中の場合は、『拡大地図を表示』をクリックすると、現場までナビしてくれて超便利です♪)

鹿児島市内からだと、車の下道で一時間弱ってところです。

途中で錦江湾でも眺めたりしつつ、のんびり&ゆっくりとドライブすると良い感じかな?

施設と設備をまとめて紹介しようのコーナー

鹿児島をぶいーんと南下して、森の奥へと入っていきますと、左手にこんな看板を発見!

オートキャンプ森のかわなべ

はい、到着でーす♪

風景動画をどーぞ♪

で、まずは雰囲気知りたい人用に、お散歩動画をどーぞどーぞ。

わりとこじんまりしたキャンプ場です。

で、炊事棟有り、芝生の広場あり、電源サイトあり、遊具あり、シャワーあり、洗濯機ありといった感じ。

ようするに、至れり尽くせり。

園内マップ

こんな感じ!

園内マップ

入り口が一つしかなくて、施設の中央に芝生のでっかいフリーサイトがあって、その周辺が電源サイトになってます。

駐車場

駐車場

入場ゲートと管理棟のすぐ横が駐車場です。

ざっくり10台くらいは停められるかなあっていう広さでして、キャンプ場の規模感から考えて余裕の駐車スペース。

ここに車を停めて受付済ませたら、そのまま車でテントサイトに移動しましょうそうしましょう。

管理棟

管理棟

駐車場のすぐ隣にありまして、中身と設備は結構ゴージャスです。

ほらね?

必要なキャンプギアはぶっちゃけここで全部借りれそうな勢いでして、手ぶらでもなんとかなるかも?って思いましたな。

で、この管理棟にはなんと!

ボルダリング設備もある!

ボルダリング

ちょっと写真がアレなのは私の撮影技術のせいなので、笑って許して下さいなw

で、なんかアレです。

(/・ω・)/ 『Wao!ボルダリングって、初めて見た!』

って感じで、おじさんちょっと感動。

小さなお子様にはちょうどいい遊び場になると思うし、鹿児島のキャンプ場でボルダリング設備があるのも相当珍しいはず

これは、とってもいいものだ!

ドッグラン&マウンテンバイクコース

ドッグラン

駐車場のすぐ横が芝生のドッグラン&マウンテンバイクコースになってます。

時間をわけて使用するルールになってまして、ある時はドッグランとして、はたまたある時はマウンテンバイクコースとして利用できるんだそうな。

管理人のおっちゃん曰く・・・

( ゚Д゚) 『鹿児島のキャンプ場で、ここまでドッグランが充実している場所もありまへんで!』

との事でした。

写真は載せませんが、この日もおひとり様がドッグランだけ利用しに来てましたよ。

わん♪

電源サイト

電源サイト

ここの電源サイトは、各区画に一本くらいでかい木が植えてあって、いい感じの日陰スポットを提供してくれてます。

そんなわけで、夏場でも比較的涼しく過ごせそうっすな。

で、隣の区画との間に植木があって、これがまた、ちょうどいい目隠しにもなってくれるわけ。

そのため、プライベート空間もしっかり守られてまして、ソロキャンにもいい感じです。

トレーラーサイト

セレブなご家族様、カップル様のためのトレーラーサイトでーす!

どーん♪

トレーラーサイト

拡大しましょう。

えい!

トレーラーサイト

もういっちょ。

どーん♪

トレーラーサイト

トレーラーの中はというと・・・

  • トイレ
  • シャワー
  • 流し台
  • 調理器具
  • 休憩設備
  • 冷暖房設備

こんな感じになってまして、その設備たるやちょっとしたバンガローレベルの充実度でございます。

ちなみにそのお値段は・・・

デイキャンプで4,190円から、一泊だと15,710円からだそうでーす。

このお値段をどう考えるかなんですが、例えばお子様づれのファミリーキャンプで、夏休みのちょっと贅沢な思い出作りに使うのには、とっても良い感じかな?

まぁ、おっさんソロキャンパーな俺には異次元の、そんなゴージャスな空間でございましたとさ。

めでたし。

めでたし?

ゲル棟(モンゴル移住式住居)

ゲル

このキャンプ場の目玉設備の一つがコレです。

モンゴルの移動式テントなんですが、常設テントとして設営されてまして、もちろん宿泊もできます。

私、生まれて初めてゲルってやつを見たんですが、割と頑丈な作りにちょっと感動。

で、管理人のおっちゃん、曰く・・・

( ゚Д゚) 『モンゴル高原の遊牧民は、このテントを30分くらいで建てるんだってさ。』

( ゚Д゚) 『でもねぇ、おいちゃんらが立てると、2人で1日とかかかって、超大変。』

( ゚Д゚) 『ぶわっはっは♪』

との事でございました。

ってなわけで、宿泊する皆様におかれましては、管理人のおっちゃんに感謝してお泊りあそばせ?

ちなみに、一泊13,500円~でごさいまーす。

うーん。超高級♪

炊事棟

炊事棟こんな感じの炊事棟が2か所ありまして、中身はこんな感じ。

全景

炊事棟

 かまど

かまど

水道

水道

テーブル

テーブル

ってなわけで、テーブルありの炊事棟なので、使いやすくていい感じですねぇ。

洗濯機&乾燥機

洗濯機と乾燥機

連泊する時に嬉しい洗濯機は、ありまーす!

ちなみにお値段ですが、洗濯機が一回200円、乾燥機が40分で100円です。

やっすぅううい!

シャワールーム

シャワールーム

炊事棟の中にあります。

コイン投入方式でして、3分間で100円とお値段もリーズナブルでございますよ。

これまた、連泊するにはとてもいいっすねぇ。

炭捨て場

炊事棟の裏に、発見!

炭捨て場

便利!

自動販売機

自動販売機

二か所ある炊事棟に、それぞれ一台ずつ設置されてます。

お値段、品ぞろえともに普通で、売り切れも少なくて、テントサイトからも近い、そんなパーフェクトな自販機でございます。

芝生のフリーサイト(車乗入れOK!)

このキャンプ場のど真ん中が芝生のテントサイトになってます。

とっても広くて、具体的にはこんな感じ!

フリーサイト 芝生

(/・ω・)/ 『ぬはぁぁああぁああ!』

って思わず変な声が出そうになるくらいに綺麗な芝生のフリーサイトですよw

で、車の乗り入れもOKという、とってもありがたい仕様です。

電源は無いのでそこだけはご注意を。

開放的な雰囲気を楽しみたいのであれば、個人的には電源なしでもこちらのフリーサイトがお勧めかな?

(/・ω・)/ 『タープとか贅沢に使って、思いっきり広ーく場所とってソロキャンしたい!』

って思いました。

はい。

東屋

東屋

芝生サイトに日陰を提供してくれる、ありがたーいスポットです。

テーブルがないのが、ちょっと残念かな?

遊具あれこれ

で、テントサイトのすぐ横に、わりと設備充実な遊具が設置されてます。

ほらね?

遊具 遊具

電源サイト、フリーサイトのどちらからも近い場所なので、どこに泊まっても利用できます。

ってなわけで、お子様と一緒のファミリーキャンプにいいっすねぇ。

まとめ|このキャンプ場はどんな人におすすめか?

このキャンプ場はですねぇ。

設備の充実度が売りの、とっても贅沢なオートキャンプ場でございます。

ですので、あまりキャンプ慣れしていない初心者キャンパーさんでも安心してキャンプを楽しむ事ができますな。

あとは、なんといってもペット同伴のキャンパーさん!

だって、ドッグランが併設されてるので、『( ゚Д゚) 私はワンコの喜ぶ顔が見たくて、キャンプしているのよ?』っていう人には、超絶理想的な環境って言えそうです。

あとは、忘れちゃいけないのは、ぶぁわぁああ!っと広くて芝生が綺麗なフリーサイトの存在です。

区分けされていないスペースですので、好きなところにテントとか張れます。

ですので、自由で孤独なソロキャンプでも、もちろんファミリーキャンプでもどちらでもOKって感じですねぇ。

そんなこんなでまとめると…

管理もしっかりしたキャンプ場なので、以下のようなキャンパーさんにいい感じだとおじさんは考えまーす。

  • ペットと一緒のキャンプを楽しみたい人
  • 設備の行き届いた安心・安全なオートキャンプ場を探している人
  • 芝生の広場でオートキャンプしたい人
  • キャンプ初心者な皆様

まる!

こんなギアでキャンプしてまーす

ソロキャンプ伝道師な俺ですもの、『( ゚Д゚) キャンプ始めたいけど、道具がない!』っていう皆様の悩み、よーくわかります。

で、私のキャンプギアを全部まとてみましたので、道具探しのご参考になればこれ幸いっす。

ABOUT ME
編集部(るあらび)
編集部(るあらび)
アウトドアな俺たち編集長。 九州の南端に在住するルアーフィッシングが生きる目的な40代のおじさんです。 主に釣り、ウォーターアクティビティー関連の記事を執筆しています。 あなたがアウトドアを始めるきっかけを作れたら・・・と思ってこのメディアを立ち上げました。 。 。 。 『かっこいい大人達よ・・・もっと外で遊ぼう!』 といった事を伝えていけたらと考えています。