釣行回顧録(2018年4月)|そうだ、バス釣り、行こう。。。の巻

4月。

桜が咲いても、海は冬・・・

うーん、我ながら素敵なフレーズを思いつきました。

パクッてバズらせてもいいですよ。

お金は一円もいりませんし。

というわけで2018年の春ですが、3月末時点では、『海に春はまだ来とらん!』という感じでございまして、、、

毎年のように、この時期の春の訪れにはじらされてしまいますが、そんな時私は海ではなく、山へと向かいます。

正確に言うと、山間部にあるひっそりとした農業用水用の小さなダム湖。

桜が咲くと、丘は春・・・

春を求めてバス釣りへ・・・

2018年4月釣果まとめ

釣行回数:
4回

勝率:
4戦3勝1敗0分

まともな釣果まとめ:
ブラックバスx4(最大35cmくらい。うん、しょぼいっすね(´_ゝ`))

場所:
ごんちゃんサーフ河口(1回)
夜明けの鹿ダム(3回)

海はまだ冬って事が確認できたので、
春を求めてダム湖に逃げたって感じっす。

ウスッ!

釣行時間:
ーバス狙いで一回だけ夜釣り。

ダメだったので海の春はまだ早いと判断して、
朝マズメのバス釣りに出かけておりました。

<`ヘ´>フンッ!

4月の釣果|ハイライトフィッシュたち

これは山間部某農業用水ダム湖の駐車場にある、なぞの山桜さん。こいつに命のつぼみがポツポツと突き出すと、それを合図にブラックバスもちらほらと釣れだします。

少し暗くてわかりにくい写真ですが、ちょうど去年もこれくらいから釣れ始めた記憶が…

俺『そろそろだな?』

なんて事を呟きながら、この日からバス釣りな春、始めました。

よっこらせ、と、歩きます。

藪こぎも、しますよ。

あぅぅうッ!

途中で春、見つけてテンションがあがる、そんな4月です。

謎の山桜のツボミ
春っぽいキノコ

既に春の合図を二つも見つけたわけで、勝ちは確定に近い未定。

いつ釣れ始めてもおかしくないな~なんて考えながら、私の中で春の定番となった『小さいスピナベ』でランガンして回ると…

この子が2018年の最初のバス。

25cmくらいと可愛いサイズですが、ようやく春が来たなぁ感じさせてくれた愛らしい一枚です。この後三回釣行してますが、いずれもホゲなし、サイズも最大で35cmくらい。

サイズは出ませんが、やっぱりこの手の誰もいない静かなフィールドが、私は好きですね。

海が活気づく6月くらいまでは、また今年もこのフィールドで子バスと遊ばせてもらえそう。。。

ワクワクワク。

春の神様、ありがとう。

今年もよろしくお願い致します!

2018年4月釣行備忘録

春はスピナベ ようようしろくなりゆくやまぎわ すこしあかりて ・・・

関連記事の紹介

少しずつ暖かくなる初春ですが、海の中はまだまだ冬というパターンも多く、ゴールデンウィーク明けくらいまでは釣果が安定しない事も多いですよね。

そんな季節の変わり目な季節に私は、好んで山間部へとバス釣りに行きます。私にとってブラックバスという魚は、そんな春の妖精みたいな可愛いお魚ちゃんですねー

釣行回顧録(2017年5月)|ブラックバス、時々、シーバスな春の釣り編

で、この魚は日本中ほとんどどこでも狙えるルアーフィッシングのターゲットであり、初心者でも手軽に楽しめます。

本メディアでも、このバス釣りについての初心者向けハウツー記事をまとめていますので、こちらも合わせてご覧になって下さいね!

淡水の釣りの始め方超入門②~ルアーフィッシング編(湖、池でのブラックバスフィッシング)~

 

最初のコメントをしよう

必須