釣行回顧録(2017年9月)|トップチニングの限界を知った俺の話

9月。

台風が来て海をひっくり返してくれたり、なんとなく雨の日もちょっとだけ増えて海水温が下がり始めたり、そんな季節の変化に海況も少しずつ復活してくれたり。

人にとっても魚にとっても過ごしやすく、そしてテンションが上がる季節です。

例年ですと私(編集部・るあらび)は、いつものこの時期はマゴチメインでボトムの釣りばかりしてました。

場所はサーフとそれに繋がる河口域がメインですね。

なぜサーフでマゴチなのか?

その理由は『回遊型キスおじぃ』という九州南端夏のサーフの風物詩にあるんです。

梅雨明けくらいから9月初旬くらいまで主にサーフ域に大量発生するキス狙いの季節限定型投げ釣り師。

この愛らしいおじさんの群れの事を、私は20%の敬意と80%憎しみをこめて、『回遊型キスおじぃ』と、このように呼称しております。

念のため言っておくと、上の文章の『大量発生する』は、『キス』ではなく『投げ釣り師』にかかっておりますので、悪しからずご容赦ください。

話が脱線したので戻します。そうそう、『回遊型キスおじぃ』に関する短いお話。

まあ、その人数の多い事多い事w。

8月の朝7時も過ぎると、サーフにルアーを投げるスペースなんかありゃしません。キスよりおじいぃの方が多いかもしれんと、厭味の一つくらい言いたくなるレベルの日もあります。

ほいでもって、そのマナーのやんちゃな事ヤンチャな事w。狭い駐車スペースは色んなものであふれかえるわけです。

  • 空き缶
  • タバコの吸い殻
  • キス仕掛けの空き袋
  • ボロボロになるまで酷使され無残に捨てられたなぞの軍手
  • コンビニ弁当の空き容器
  • 社交性を煽りまくりな釣り新聞的なヤツ
  • 干からびたゴカイ
  • なぜか空になった猫のお菓子、チュール

<`ヘ´> ペッ!ってなるわけです。

ですが、9月も半ばを過ぎると、キス狙いの季節性回遊型じじいがどっか行きますオフシーズンへと入ってくれます。その結果、サーフに残るのはガチのキス屋さんばかり。

私にとって、彼ら『ガチのキス屋さん』は愛おしい存在であり、海のお師匠さんでもあるんですよ。

  • 今年の夏のサーフ、キスの入りはどうだったか?
  • キス以外の魚は、もうサーフに入りだしてきたか?
  • マゴチの魚影は?
  • エイは多い?
  • サメは邪魔する?
  • 藻の大量発生は始まった?

それはもう、貴重すぎる生きた情報をもたらしてくれます。

そして、このような愛おしいガチのキス屋さんとの会話を合図に、ようやくサーフでルアーを一日中投げ倒すことができるようになるって訳ですね。

ちなみにメインターゲットはマゴチですが、朝と夕まずめだけは中層付近も狙ってバイブ、ミノーも通します。そうすると、するとセイゴ、フッコがまぐれで釣れてくれます。

『あぁ、サーフの釣りは楽しいなぁ。釣れないけどw』と、一人呟くルアーマンな俺 (・∀・)ニヤニヤ。

9月って私にとってはそんなシーズンでした。

つまりは、『私がサーフへと帰りだすシーズン』、それが私にとっての9月というシーズンだったわけですが…

今年の俺はちがーう!

8月にトップチニングの魅力を知り、フックチューニングに関する負け戦を体験した俺は、いつものサーフでマゴチな安定の9月なんか迎えなーい!

チヌ狩りじゃ。


[出典:Pixabay (https://pixabay.com/ja/)]

2017年9月釣果まとめ

釣行回数:
5回

勝率:
5戦2勝0敗3分

まともな釣果まとめ:
キビレx2
本チヌx1
メッキx5
サメx1
なぞのお魚さんx1
イトヒキアジx1

場所:
①釣りガールの止まり木(2回)
②イカDQN港~北河口付近(1回)
③ごンちゃんサーフ河口付近(1回)
④脱サラおじさんの漁港と地磯帯(2回)

釣行時間:
昼過ぎ~夕まずめメイン

9月釣果ハイライトフィッシュたち

9月いっぱいはガッツリとトップニチングにこだわったわけですが…初旬は確かにトップに反応してくれてました。

ほいでもって、釣れるっちゃつれるわけです。

でもね、9月に入ってから明らかにメッキがトップに好反応し出して、チヌ&キビレに特有の『長めのチェイスから水面爆発!』というバイトが減りだしてたんです。

トップへの魚の反応も、日中は明らかに回数が減って、朝まずめに集中。

しかも、サイズが小さいのかほとんどフッキングしない。ようやく乗ったのが上の写真の二匹っていう結末でした。

おまけにいったん完全に日が上がると、一時間に一回バイトがあるかどうかってところでした。こりゃトップチヌ、もうおしまいかな?って寂しくなる、そんな釣行ばかりだった気がします。

これが2017年最後のトップなおチヌ様だ!

結局9月に最後にトップで釣れたのは、この35cmの本チヌさん。おそらく2017年のトップチヌ、この子が最後の一匹となりそうな気配プンプン。。。

記念すべき2017年最後の一枚。

小ぶりだけど、美人さんですな~

ちなみこの記念すべき一枚、こんな感じでうねりまくりの内湾プチ地磯から無理やり引き釣り出しました↓

(今気が付いたんですが『引き釣り出す』ってカッコイイ表現ですね。パクッていいですよ。)

完全に運で釣った記念すべき一枚。実に私らしい釣りとなりましたねw

その後の中旬以降も、私はトップチヌメインで頑張りましたよ。でも、本命のあの娘は振り向いてはくれません。

釣れるのは見慣れぬ顔の外道さんばかりで、だんだんと海の魚も入れ替わりが起きてるんだなって感じの、実に秋っぽい釣果となりましたとさ。

イトヒキアジさんでしょ?

メッキさんでしょ?

サーフはどうだろう?っていってミノーイングに浮気すると、メーターオーバーのサメさんでしょ。

生まれて初めて釣った、謎のお魚さん(ソイっぽいかな?不明です。)

ちなみにこいつ、サーフで釣ったんですが、常連のキス屋さんに聞いたら、『知らんけど、食えるんちゃう?』というので塩焼きにしてあげましたよ。

アジっぽい味でした(洒落です)。

まあ、美味いけど、みんなは名称不明のお魚さんは食べないように!

というわけで2017年の9月、私にとってはトップチニングに翻弄されて釣果に繋がらない、少し残念なベストシーズンとなってしまいました。

9月中旬の時点で、トップチニングから、サーフ、港湾のシーバスとマゴチ狙いに切り替えるべきだったかもしれないなと少し反省。。。

でもね、トップの釣り、やっぱ面白いんですわw

釣果以上の価値があるんですわwww

…と、草を生やしまくりながら負け惜しみで終わらせる俺、一人。

<`ヘ´>ペッ!

2017年9月釣行備忘録

うーん びみょーですな。(゜-゜)

完全にホゲった日がないのは、さすが一年間のうちのベストシーズン、9月って感じですが…

肝心のチヌが三枚しかでてない!!

ほぼ9月の間中トップチニングに徹した結果がこれなので、まだまだヘタッピだって事が証明されてしまいました。

でも、一つだけ勉強になった事があるんですよね~

『9月半ばも過ぎると、トップに出るのはメッキばっかり!』

つまり、チヌが減ってメッキが釣れだすと、私の地域ではトップチヌもオフシーズンに入るみたいです。

釣りものを変える一つの目安になりますな、これは… ( ..)φメモメモ

というわけで、トップチヌももうおしまいだって事が判りました。

10月からはあんな港湾やこんなサーフで………

マゴチとヒラメとシーバスを狩る!


[出典:Pixabay (https://pixabay.com/ja/)]

関連記事の紹介

さてさてそんなわけで、2017年の9月は力の限りトップチニングに明け暮れたのですが、どうやらこの釣りは季節感にシビアらしく釣果に恵まれませんでしたね。。。

ちなみに、私は2017年7月にトップチヌという釣りを知り、そこから三か月間はこの釣りばかりしていた事になります。

そんなトップチヌに狂った私の釣行記録を公開していますので、もしよければご覧下さいませませ。

釣行回顧録(2017年7月)|夏のトップチニングデビュー編

釣行回顧録(2017年8月)|夏本番にトップチニング修行してた僕のお話

そもそもトップチニングってどんな釣り?って事が知りたい人もいるかもしれませんね。

そんな人のために、チヌのルアーフィッシングに関するハウツー記事も準備していますので、こちらももしよければ、どーぞです!

チヌのルアー釣り超入門|トップとボトムのチニングを徹底解説!

トップチヌは季節限定の釣りですが、私が知る限りこれほどバイトが出やすい、そして数も出る釣りは他になかなか見つかりません。

ぜひ、アッツイアッツイ夏を、超々過激なトップチヌで満喫して下さいね!

最初のコメントをしよう

必須