ライフスタイル

田舎暮らしにスキルって必要なの?【田舎移住者が考える最適解】

田舎暮らしのスキル
  • 田舎でスローライフを味わいたい
  • 定年後は田舎でのんびり暮らしたい
  • 自然豊かな田舎で子育てしたい

田舎に住んでみたいと思う理由は人それぞれ。

加えてリモートワークが始まって以来どんどん在宅勤務が推進されるようになり、そこで今改めて「田舎暮らし」が注目されています。

これらの田舎にまつわる生活そのものは、結局のところ誰にでも実現可能なの?!って、気になりますよね?

「わたし…知識ゼロ、そしてノースキルなんですけど。」って思ってるあなたも大丈夫。

田舎移住歴4ヶ月目の私(シロロ)も移住前は全く同じ気持ちで過ごしておりました。

・田舎暮らしに必要なスキルってあるの?
・必要最低限なスキルってあるの?
・今の自分って本当にスキルはないの?

など、「田舎暮らし」と「スキル」の観点から田舎移住者ならでは視点で掘り下げてみたいと思います!

田舎暮らしにスキルって必要?

そもそも、田舎で暮らすのに何か特別な「スキル」は必要なのか?と言う部分ですが、これに関して答えは「NO(ノー)」だと思います。

私たちには日本国内で住む場所に関しては、期限も決まっていない、ビザもいらない、自由な権利が全員に認められています。

そりゃあ海沿いの田舎町だろうが、はたまた山沿いの田舎の村だろうが、移り住む気になればスキルなんて全く関係ありません。

そう、田舎移住は誰にでも出来ちゃいます。(個人の事情、様々な条件などは置いといて。)

「そんな事はわかってるよ!(怒)そうじゃなくて、田舎暮らしを快適(スムーズ)に始めるために必要なスキルがあるんだったら知りたいんだよ!とのお声が聞こえてきそうなので、ごめんなさい!ちゃんと本題へ戻ります^^;

少なくとも移住者である私は「田舎移住に特別なスキルはいらない」と、そんな風に考えています。

私自身も移住前は「ノースキルの私に田舎で出来ることなんてあるの…」なんてネガティブに考えていました。
それなのにどのような心境の変化があったのかと言うと、「ノースキルだと思っていたけど、案外私そんなこともなかった。」というポジティブ実体験が大きく影響しています。

私のスキル

  • 一般的なインターネットの知識がある
  • 都会、田舎、海外を含め様々な場所へ住んだ経験がある
  • ある程度のコミュニケーション能力がある

ビックリするほど「普通」なことが田舎暮らしにおいての私のスキルになっています。
これってみなさんもお持ちではないですか?

いやいや、スキルって呼べる?的な内容なのですが、想像してなかった自分の能力や経験が田舎暮らしでは案外「スキル」と呼べるものに繋がるのです。

まず、「一般的なインターネットの知識がある」と言うのは、私の場合プログラミングが出来ると言うような専門的な知識ではなくて、言葉通り本当に一般的なレベルです。

ただ普通にSNSやパソコンが使える程度です。

でもパソコンで作成・納品をしながら田舎暮らしのコンテンツを発信して作品を生み出せるようになればそれは収入にもなる「デジタルスキル」になります。
田舎での発信をなかなか地元の人はしていなかったり、私のような「移住者の目線」が発信に求められているなーと感じる機会が多々あります。

都会では当たり前の事が田舎暮らしにおいて自分のスキルとなりました。

これと類似しているスキルとしては、「都会、田舎、海外含め様々な場所へ住んだ経験がある」というもの。
私の場合は海外も含んでいますが、移住地であるその町以外に住んだ事があると言うのは田舎暮らしでは十分なスキルになると考えます。

移住してから田舎で出会う人の中に多いのは「この町以外に住んだことがない」という人なのです。

なので、逆にその町で生まれ育っていないというだけで珍しく、その余所者的視点が欲しいということで私は「地域おこし協力隊」という地方の町おこしに携わる仕事が決まったりしました。

まず田舎暮らしをしたい!移住をしたい!と思っている人にとって私が利用したこの制度「地域おこし協力隊」はおすすめだと思います。

地域おこし協力隊とは…

  • 地方自治体が、外部から移住を希望する人材を募集、有給で地域の課題解決の為に活動する制度。
  • 期間限定ではあるものの、有給で移住の足掛かりを作れるありがたーいシステム。

その採用時に、諸条件を除き最重要項目として挙げられていたのが「コミュニケーション能力」でした。

あくまでも私の場合ですが、強い自己PR力が採用に繋がったというよりは、田舎生活で人とうまくやっていけそうなコミュニケーション能力を優先されたという認識です。

田舎ならではの人間関係に関しても、移住するまで不安はありましたが無理に必要以上のコミュニケーションはとらなくていいと感じています。

でも、やはりその町に『馴染んでいく姿勢・適度な関わり』によって移住先の田舎町での人間関係の快適さを自分で造る必要はあるのかなと感じています。
言わば、いい具合の人懐っこさや人たらし力があれば自分の為に心地良い田舎暮らしを導く事ができるのです。

これらの私のスキルはハイスキルではないので、一般的な社会経験があれば誰にでも備わっていそうなことだと思います。

地域おこし協力隊の採用に限らず田舎生活では移住者として最低限必要なスキルの一つかなと感じています。

関連記事の紹介(仕事探し編)

地域おこし協力隊以外にも、田舎への移住にぴったりの仕事ってたくさんあります。

田舎暮らしを成功させるために一番必要なのが、仕事探しなのかもしれません。
そういった意味からも、『スローライフの夢だけは諦めたくない!!!』っていう人だけ、ご覧になって下さいね♪

移住する前に取得しておいた方が良いスキル

田舎暮らしにとって絶対に必要なスキルはないと思っていますが、それでも移住前に取得しておいた方が良いスキルはあると思っています。

その代表的なものが、運転免許証
田舎に移住してからやはり田舎は車社会なんだとものすごく実感しています。

自動車

なんと言っても、田舎町はみなさんご承知の通りアクセスが悪く不便な上に、公共交通機関が弱く生活の軸にはなり得ないこと。

私は移住をして、高齢運転者標識がついている高齢者ドライバーのあまりの多さに改めて驚きました。

田舎の人は本当にどこに行くにも車を使っているので、一家に何台も車を所有しているお宅ばかりなのです。(敷地はあるので駐車場代を気にすることなく停め放題なのは嬉しいポイント!)

個人的には車を所持しないまま田舎移住をして不便ながらも普通に生活をして数ヶ月過ごしていました。
なので私の移住した町では車がなくても、町の移動は自転車でもなんとかなった部分はあったし、同じ移住者の中には車を所持していない人もいたりします。

こんな感じでそれぞれ田舎の移住地によっては「車がないと絶対に生活できない!」という訳ではないと感じたりもしています。

でも、都会と比べて圧倒的に車社会である田舎生活で確実に車の免許証は持っておいたほうがいい「スキル(資格)」であると言えます。
ちなみに免許証は田舎移住してからとることだって可能な訳ですが、ご想像の通り田舎で自動車学校が近くに備わっている可能性は極めて低いです。

そして挙げ句の果てに公共交通機関を使ってのアクセスが不便なので、自動車学校に通うってだけでかなり苦労している移住者もいました。

後は、やはり「Web全般の知識」

仕事が探しにくい、求人そのものが少ない田舎町です。
場所にとらわれずオンラインで仕事ができる強み、自分がリモートでの仕事の対応が可能である事自体が、ある意味都会よりも田舎でこそ強みになるスキルです。

もちろん、田舎ならではの「農業・林業」などの仕事に実務的に携わりたいと思って移住を考えている方もいると思います。
その場合でも情報発信の面で、ある程度インターネットの知識やスキルがあるに越したことはないですよね!

移住前になんとなくでも、自分の「デジタルスキル」の可能性やそれに向けて準備できているかどうかは、その後の移住生活をスムーズに進めるトリガーになるハズです。

デジタルにまだまだオープンではない田舎で自分のWebに関する知識やキャリアが使えたらそれを使って仕事を自分で作り出す事だって可能なハズ!

特に田舎町のWebデザイナーやプログラマーなんて少数派どころかいない町だってあるハズなのでブルーオーシャン間違いなしです。

要は田舎に限らず、これから場所にとらわれず好きな場所で生きていく為にオンラインで仕事ができるスキルは絶対に必要なことですよね!

なくてもいいけどあったら便利なスキル

あったらいいよなーって思うスキルで言うと、生活の困りごとを自分で解決できるようなスキルではないでしょうか?
要はDIY庭仕事畑仕事の知識なんかがその一つ。

田舎が不便だと感じる理由の一つにサービスが少ないってことがあると思うんです。
何かが壊れた時や、古民家に住んだ場合古い家ならではの修繕は自分でしないといけない事が多いです。
住みながら自分でちゃちゃっと手直しし続けながら管理できてこそ夢の古民家暮らしが成立します。

これが意外と大変だし、住んでみて手入れが必要な事が多いのが現実なんですよね。必要なものを自分で作れるDIYのスキルがあればそれを活かすチャンスが多いです。

後は、庭仕事
草刈りなんかがその一つ。

草刈り

広い庭付きの家に住んだ場合はもれなく手入れが必要なので草刈りスキルは必要になります。
その庭で家庭菜園するならば、畑仕事の知識や経験は絶対にあったらいいスキル。

どちらも暮らしながら備わっていきそうですが事前にあったら便利なスキルである事は間違えないです。

関連記事の紹介

この記事を読んでくれた皆様は、きっと『田舎暮らし』が人生の目標の一つになっていると思います。

そんな『田舎暮らしチャレンジ』を成功させるための秘訣について、当ブログでは多くの特集記事があるんですよ!

まとめ

田舎移住者の私が考える田舎暮らしに必要な「スキル」

・Web全般の知識
・余所者目線(経験)
・コミュニケーション能力(人たらし力)

準備しておきたい「スキル」

・車の運転
・デジタルスキル(オンライン仕事)

便利な「スキル」

・DIY
・草刈り、畑仕事の経験

こんな感じです。

でも今の状態の自分が移住をして、田舎暮らしを経験しながら備わっていく「生きる力」そのものが自分のスキルになると思うのです。

何も完璧じゃなくても、環境を変えて新しい世界に飛び込んで生きていく事で自分のスキルアップをする方法だってあります。

田舎暮らしというあなたの選択と生き方そのものが、いつか自分の最強のスキルと呼べる日が来るかもしれない!

行動力と生きる力こそが現代の我々に必要なスキルなのです。

ABOUT ME
シロロ
シロロ
ワーホリから数年の海外暮らしを経て、日本で人生初の田舎暮らし、 念願のスローライフをスタートし始めたばかりのひよっこ田舎移住者です。 そんな私が自分の実体験に基づいてリアルな田舎暮らしの情報をお届けいたします!! 趣味は旅行・映画鑑賞。 普段はインドアですが、旅行に関しては国内外問わず、一人旅もOKな、たまーにアクティブな旅好きライターです。