アウトドアな鹿児島

大泊野営キャンプ場|海好きソロキャンパーにお勧めの聖地でーす

大泊野営キャンプ場

貧乏&孤高のソロキャンパーで、しかも釣り師な俺ですもの。

(/・ω・)/ 『いつか行ってみたいなぁ・・・』

って感じで、ずっと憧れていたキャンプ場がありまして、その名もずばり『大泊野営キャンプ場』っていいます。

で、俺がなぜこのキャンプ場に心惹かれるのかといいますと、それはこのキャンプ場のスペックが超すげぇから。

具体的には、こんな感じね?

  • 海まで徒歩5秒のテントサイト!
  • ゼロ円キャンプ場!
  • 九州最南端!
  • ずばり、穴場っぽい人気の無さw

(/・ω・)/ 『釣りキャンプには、最高っぽくね?』

(/・ω・)/ 『孤独なソロキャン好きの俺に、ぴったりじゃね?』

(/・ω・)/ 『これって、俺のためのキャンプ場じゃね?』

ってな感じ。

で、この度オイラの夢が叶いまして、二泊三日の釣りキャンプに行ってきたので、ざっくりこのキャンプ場のご紹介&俺の釣りキャンプをご報告。

パチパチパチパチ♪

このキャンプ場のスペックをさらす!

大泊野営キャンプ場

鹿児島県は錦江湾の右ななめ下らへん、これすなわち、大隅半島でございます。

で、このキャンプ場は大隅半島の南の隅っこに位置しています。

『九州最南端のキャンプ場』としても超絶有名でして、バイカーさんとか、チャリ族な皆様が、夏休みなどの長期の休みにここを目指してやってきます。

ざっくり、こんな感じっす。

施設の概要

正式名称 大泊野営キャンプ場
ホームページ 大泊キャンプ場/鹿児島県ホームページ

鹿児島県が管理するゼロ円キャンプ場です。

住所 〒893-2604 鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠
Tel 0994-26-0511
駐車場 有り、無料、10台程度
キャンプ場のタイプ
  • 芝生のキャンプ場
  • 海辺のキャンプ場

目の前が、海!テントサイトは、芝生!そして、ゼロ円!

設備のイロハ
  • 九州最南端のキャンプ場
  • 予約不要で、チェックインもチェックアウトも関係なし!
  • ゼロ円!
  • 芝生のフリーサイトのみ
  • シャワー有り(水だけ、お湯は出ません。。。orz)
  • トイレ有り
  • 自動販売機は、歩いて数分の『ホテル佐多岬』にあります。
  • 全国からソロキャンパーさんがやってきます
  • 旅人、バイカー、チャリ族に人気
  • 釣りキャンプにピッタリ♪
  • あるのは目の前の海だけ!っていう超ワイルドな仕様でーす
  • 近場のスーパー(A・コープ)まで車で約20分

特に気の利いた整備や施設は、なーんもないです。

でも・・・

(/・ω・)/ 『だが、それがいい!』

っておじさんは愚考しまーす。

料金の概略 完全無料っす。

わーい。

予約方法 必要なしっす。

うぇーい。

<アクセス>

(*スマホで閲覧中の場合は、『拡大地図を表示』をクリックすると、現場までナビしてくれて超便利です♪)

鹿児島市内からだと、下道でぶいーんと錦江湾沿いを走って、3時間半くらいかかります。

道中は長いので、途中で道の駅に立ち寄ったりして観光しつつ、のんびり半日くらいかけてロングドライブしつつ行くと良いですぞ!

施設と設備をまとめて紹介しようのコーナー

遊びに行ったのは2020年の9月中旬。

大型台風通過から1週間くらいたってまして、大気は不安定で天気はどんより。
そんな感じの秋のある日でございました。

二泊三日の連泊で、しかもガッツリ釣りキャンプを楽しむべく、このキャンプ場を選んだわけね。

で、ちょっと早起きして午前中に市内を出まして、途中であれこれ気になるキャンプ場を見学したり、道の駅で道草を食ったり、ソフトクリームを食べたりしながら半日くらいかけて現場に到着っす。

こんな看板がお出迎えね。

大泊野営キャンプ場の看板

で、この看板を左に折れますと、そこはもう、ゼロ円キャンプ場です。

こんな感じ!

テントサイト

右手が芝生のテントサイトで、道路を一本挟んで、その向こうが一面絶景の海!

ほらね?

海と山

 

海

ってな感じでざっくり要約すると、『最強の海辺のキャンプサイト』ですな♪

お散歩動画を、どーぞどーぞ。

キャンプ場全体の雰囲気を知りたい人のために、お散歩動画を撮っときました。

こんな感じで、こじんまりして、野性味溢れる海辺のキャンプ場でーす♪

駐車場

駐車場

テントサイトの入り口付近が駐車場でして、乗用車10台くらいはいけます。

なんか、看板的なやつ

大泊野営場の紹介看板

このキャンプ場の自己紹介的な看板。

テントサイトのちょうど入り口付近に設置されてまして、年期入りまくりで、右端とか禿げてるのが、なんだかとっても良い感じですなぁ。

で、その内容ですが、

中の人 ( ゚Д゚) 『正式名称は”大泊野営場”っていいまーす』

中の人 ( ゚Д゚) 『国立公園でーす』

中の人 ( ゚Д゚) 『自然でいっぱいでーす』

みたいな事が書いてあります。

で、情報が不足気味なので補足しておくと・・・

俺 (/・ω・)/ 『鹿児島県が管理してまーす』

俺 (/・ω・)/ 『完全無料&予約不要の”The 自由奔放主義”なキャンプ場でーす。』

俺 (/・ω・)/ 『九州最南端のキャンプ場でーす』

とまぁ、こんな感じかな?

芝生のテントサイト

テントサイトは、わりと放置気味の芝生でして、具体的にはこんな感じね?

芝生のテントサイト

で、別角度から見ると、こんな感じ

芝生と海

海好きの俺には垂涎がバケツ二杯くらい出るような、そんな感じのテントサイトなわけ。

フヒヒ♪

ビーチ!

テントサイトの目の前が全部、こんな感じで超すげぇの!

海 海

波の音が一日中響いてまして、それはもう、ゆっくりと時間が流れる、そんなビーチでございます。

ちなみに、グーグル先生曰く・・・

( ゚Д゚) 『芝生のテントサイトがいっぱいの時は、このビーチにもテントが立つんだぜ?』

との事でございました。

(/・ω・)/ 『へぇー、そうなんだー』

って思いました。

まる!

炊事棟

テントサイトの奥の方に、わりと小ぎれいな炊事棟があります。

わかるかな?

炊事棟

( ゚Д゚) 『おい、お前さん?』

( ゚Д゚) 『画像が小さすぎだぜ?』

( ゚Д゚) 『もっとよく見せてくんね?』

って声が今聞こえてきた気がするんですが、ちょっと聞いて下さい、ねぇ奥さん。

これにはね、深ーい理由があるんです。

どういう事かというと・・・

長期滞在中のソロキャンパーさんが炊事棟に荷物を置きまくってまして、写真が撮れませんでしたw

(/・ω・)/ 『自由なゼロ円キャンプ場、あるあるwww』

って思いましたね。

うむ。

ちなみに、炊事棟の設備はざっくりこんな感じです。

  • 水道あり
  • かまど有り
  • 炭捨て場はないのでもって帰りましょう
  • テーブルは、ないでーす

必要最低限ってイメージでOKっす。

シャワー棟

炊事棟から徒歩二秒のところにあります。

外からみると、こんな感じ。

シャワー棟

で、内部はというと、こんな感じ。

棚 シャワールーム

ちなみに、水だけしか出ない仕様です。

お湯とかいうセレブな物体は出ませんので、悪しからずご容赦を。

決して綺麗とはいえないけど、そもそも使用料はタダですし、これで充分じゃね?ってのが俺の感想でーす。

トイレ

場所がちょっとわかりづらいかもなんですが、テントサイトの真ん中付近から階段が伸びてまして、そこを上がって突き当りにあります。

ウロウロしていると見つかりますよ。

( ゚Д゚) 『トイレは、二階!』

って覚えておきましょう、そうしましょう。

で、トイレの外観は、こんな感じね?

トイレ

中の写真は省略しますが、定期的に清掃してくれているらしく、清潔でした。

ぶっちゃけ、シャワールームより綺麗だった気がするw

石鹸もトイレットペーパーも置いてあったのが、とってもグーでございましたね。

自動販売機

自動販売機徒歩で数分の距離の『ホテル佐多岬』の外にあります。

ちなみにホテル佐多岬は、こんな感じの白いオシャンティーな建物でして、駐車場から目と鼻の先です。

ホテル佐多岬

ホテル佐多岬の売店と温泉が使えるはずだったけど・・・

ホテル佐多岬

このキャンプ場の周辺には、なーんにもお店が無いんですな。

でも、上で紹介した『ホテル佐多岬』っていうセレブなホテルの売店を利用できるので、最悪の場合でも、ちょっとしたおつまみとかなら買えます。

あと、温泉にも入れる!

というのが普通なのですが、2020年9月現在は、コロナの影響で使わせて貰えませんでした。

これに関しては、事態が収束すれば解決してくれると思うので、首を長ーくして待ちましょう。

そうしましょう。

近場のスーパー|Aコープ佐多

Aコープ佐多

キャンプ場からは車で約20分って所です。

割と遠いので食料の買い出しは計画的に、かつ、余裕を持ってどーぞどーぞ。

地図、置いとくのでご参考に、どーぞどーぞ。


(*スマホで閲覧中の場合は、『拡大地図を表示』をクリックすると、現場までナビしてくれて超便利です♪)

ざっくり紹介|こんなキャンプを楽しみましたー

(/・ω・)/ 『二泊三日で!』

(/・ω・)/ 『九州最南端のゼロ円キャンプ場で!!』

(/・ω・)/ 『釣りキャンプを満喫するぞなもしぃいいいい!!!』

っていうキャンプ構想でこの地に舞い降りたおっさん、それが俺です。

初日は、準備体操でーす

で、海の前の最高のテントサイトに秘密基地を設営しまして…

テント

釣り竿もって散策しつつ、明日の朝マズメの釣行作戦を練ったり・・・

釣り竿と海

夜はもちろん、焚き火とかしたり・・・

焚き火

で、野菜100%の野菜炒めというウルトラヘルシーな宴をしたり・・・

野菜炒め

そんなこんなで、次の日に備えてこの日はさっさと寝てしまいましたとさ。

続く。

で、次の日!

(/・ω・)/ 『おお!俺史上、最も海に近い、朝だぁあああ!』

ってテンション爆上げで起きたのは、早朝5:37分の事でした。

(/・ω・)/ 『目が覚めて 一秒歩けば 朝マズメ (五・七・五!)』

なんて事をつぶやきながら、海に向かって右手に広がるスペシャルな地磯へと歩を進めるおっさん、それが俺。

こんな感じね?

で、この地磯帯は、それはもう『The 崖!』って感じの様相でして、なんだかとっても良い雰囲気。

ほらね?

(/・ω・)/ 『ぬぞぉおおお!』

(/・ω・)/ 『これは、もう、あれだ!』

(/・ω・)/ 『天使の裂け目って名付けよう!』

とか、適当な事を呟きながら、めぼしいポイントにミノーを投げ続ける、そんな初場所朝マズメ釣行を楽しんでおりました。

こんな雰囲気ね?

朝まずめ

もちろん朝一ですもの、パニックランしてるベイトも浮いてまして、小さなボイルもたっておりましたな。

(/・ω・)/ 『ブヒヒ♪』

(/・ω・)/ 『これはもう♪♪』

(/・ω・)/ 『釣りキャンプ、成立のフラグじゃね♪♪♪』

とかブツブツと呟きながら、約5時間ほど地磯を歩きまくり、手を変え品を変え、ルアーを変えて攻め続けます。

で、その釣果は!!!

釣り道具

(/・ω・)/ 『ふぅ。こんなもんっすなw』

まぁ、なんかあれです。

初場所の釣りキャンプなんで、まずもって釣れないので、気にしない、気にしない。

で、釣り場から徒歩一分のベースキャンプに戻り・・・

お手製の『豚骨ラーメンおつまみセット』を肴に、日も高いうちから酒を飲み・・・

ラーメンセット

雨にも負けず、一人焼き鳥屋さんを開店し・・・

焼き鳥

晴れの隙間にホッと一息、青い空に涙をこらえて・・・

晴れの海

もう一泊してから鹿児島へと帰って行きましたとさ。

荷物

めでたし。

めでたし。

このキャンプ場の見どころは、こんな感じ!

そりゃね、ここは観光地ですから、佐多岬とか、他にもあれこれと見どころはありますよ。

でもねと、おじさんは考えます。

つまり、ですねぇ・・・

朝日 海 海

(/・ω・)/ 『この絶景の磯と海、それだけ眺めていれば、それで良くね?』

(/・ω・)/ 『目の前の海でも眺めてビール飲んどけば、それで良くね?』

(/・ω・)/ 『暑ければ泳いで、木陰で休憩とかすれば、それで良くね?』

ようするに、あれだ。

ここは南国鹿児島の、最も南のキャンプ場であり、そしてリゾート地なわけです。

毎日忙しい日本人であるところの俺たち。

時には『自然のど真ん中で、なーんにもしないオフ』ってやつを満喫してもいいはずでして、そんな目的にピッタリのロケーションが、目の前にあるわけだ。

だからこそ、別にウロウロと観光する必要はないんです。

我々キャンパーは、キャンパーならではの楽しみ方をすれば良いのだ!ってのが俺の結論。

異論は、認めます!

まとめ|どんな人にお勧めか?っていうお話

芝生

このキャンプ場は、ぶっちゃけ上級者向きでして、ワイルドさと荒くれ具合が特徴です。

そんなわけで、ファミリーキャンプとか、団体さんのキャンプにはぶっちゃけ向かないっすね。

実際に、私が宿泊した2泊3日の間では、ソロキャンパーさん3人が宿泊しただけでして、団体キャンパーさんはおりませんでした。

で、現地で出会ったソロキャンパーさんの内訳はというと、ざっくりこんな感じ。

  • 全国バイク旅中のyoutuberさん!
  • 奈良からきて5連泊中のソロキャンパーさん!!
  • 北海道からチャリ旅中の70代のおじいちゃん!!!

とまぁ一癖も二癖もありそうなイカれたメンバーが全国から集まる、そんなキャンプ場でございます。

そんなこんなで俺的主観では、こんな感じのソロキャンガチ勢にだけお勧めかな?

  • 何もない&何もしないキャンプを楽しめる孤高のソロキャンパーさん
  • 海を眺めているだけで癒やされる系のソロキャンパーさん
  • 超ノンビリの釣りキャンプを満喫したいソロキャンパーさん
  • 全国をキャンプ旅中のバイカーさん、チャリ族さん

ってなわけで、一人の時間を満喫したいならかなりお勧めのゼロ円キャンプ場ってのが俺的な結論でーす。

まる!

おまけ①|こんな道具でソロキャンしてまーす

俺のキャンプは、いつもぼっちのソロキャンプ。

で、ですねぇ。

( ゚Д゚) 『ソロキャン始めてみたいんだけど、道具とかどうすればいいべ?』

っていう事を良く聞かれるので、俺のキャンプギア一式を以下の記事でまとめて紹介してます。

ざっくり五万円くらいあれば全部揃うので、どんな感じか知りたい人はご一読あれ~

おまけ②|釣りキャンプのお話

今回の俺の釣りキャンプは、なーんにも釣れなかったわけね。

でも、本気で挑めば釣りとキャンプって相性のいいアウトドアだったりします。

で、この遊びの魅力とか始め方が知りたい人向けに特集記事をこさえておりますんで、釣りキャンプデビューしたいなって人のお役に立てればこれ幸い。

他にも、俺の釣りキャンプの記録記事もあるので、釣りキャンプってどんな感じかな?って知りたい人は、ご一読あれ♪

(ネタバレすると、特大エソが釣れましたw)

ABOUT ME
編集部(るあらび)
編集部(るあらび)
アウトドアな俺たち編集長。 九州の南端に在住するルアーフィッシングが生きる目的な40代のおじさんです。 主に釣り、ウォーターアクティビティー関連の記事を執筆しています。 あなたがアウトドアを始めるきっかけを作れたら・・・と思ってこのメディアを立ち上げました。 。 。 。 『かっこいい大人達よ・・・もっと外で遊ぼう!』 といった事を伝えていけたらと考えています。