キャンプ

女子ソロキャンプの持ち物!みんな道具はどう選んでる?

自然の中で、ひとりの時間を楽しむソロキャンプ。

憧れてるけど、なかなか踏み出せない初心者女子さんも多いですよね。

で、一歩踏み出そうとするときに迷うのって『キャンプ道具の選び方』なんじゃないでしょうか。

そこで本記事では、

  • 女子ソロキャンプに挑戦したい
  • ソロキャンプの持ち物を揃えたい
  • みんなどんな道具を使ってるのか気になる!

という方に向けて、

筆者(ぐりゆう)の実際に使っている道具と、反省を踏まえて今ならこれを買う!という道具を紹介したいと思います。

少しでも参考になると嬉しいです。

女子ソロキャンプの持ち物一覧

キャンプ

女子のソロキャンプであったほうが良いよね!という持ち物ですが、代表的なものをリストにしてみました。

  • テント
  • 寝袋
  • マット
  • 焚き火台
  • アウトドアチェア
  • 食器(コッヘル)
  • ライト

こんなところでしょうか。

ほかにも私は追加でSUPを持って行ったり、燻製機を持って行ったりして楽しんでいます。

女子ソロキャンプ持ち物の選び方

焚火

まず大前提として全体の道具の選び方について共有しておきたいと思います。

女子ソロキャンプの持ち物を選ぶうえで大事なのが

  • 軽量である
  • 持ち運びやすい
  • 使うときにも力が要らない
  • かわいい(できれば)

ということです。

特に、重要なのは軽いことと持ち運びやすいもの。

車でキャンプに行く方は少しくらい重い荷物、多い荷物になっても許容できますが、都内などに住んでいる人は公共交通機関でキャンプに行くことも多いですよね。

私自身は北海道に居住していることもあり、基本車移動なので少し大きめのアイテムもありますが、軽量で持ち歩ける代替の商品も紹介していこうと思います。

ちなみにかわいい道具を選びたいのは山々なのですが、お買い物は実用性重視なので、私が実際に使っているアイテムはとっても男らしいのは許してね…。

かわいいアイテムも紹介しますよ…!

女子ソロキャンプにおすすめの道具

キャンプ

ここから実際に私が使っている道具を紹介していきます。

良かったポイント後悔しているポイント買い替えるならこんなところに注意して商品を選ぶ!ということを解説していければと思います。

テント

私が使っているのは、アウトドアメーカー『マウンテンハードウェア』の山岳テント2人用です。

コンパクト、かつ軽量でキャンプだけではなく登山に持っていくのも楽々です。

買った当時は業界でもほぼ最軽量だったんじゃないかな…。

2人でも泊まれるサイズなので、ソロキャンプの時もカップルでキャンプするときも基本こちらのテントです。

私はこのテントに、いつも写真のようにタープを張っています。

ソロキャンプの際のテントを選ぶ基準ですが、次回新しいテントを買うとすれば

  • 軽い
  • コンパクトになる
  • 自立式
  • ダブルウォール
  • 前室付き

という点は外せません。

登山もできるくらい持ち運びも容易な軽量な物が欲しい!という場合の目安の重さは大体1キログラムくらいかなと思います。

車でのキャンプが多い人なら、お財布と相談して少しくらい重いもので妥協しても良いかもしれません。

あとは『自立式』であること。

自立式のものは、テントを組み立て、最後に固定のためにペグを打つという流れなので、一人でテントを張るのも楽ちんです。

タープとテントを購入すると高くなるので、テントだけで…と考えている人はとくに入口にスペースに『前室』のあるタイプのテントを選ぶと良いと思います。

写真に載せている私の使っているタイプのテントは古いので同モデルは現行の販売がありませんが、最新モデルはカラーも含めよりかっこよくなっていました。

 

とはいえ、ちょっとガチガチの登山メーカー物は高価で手が出しにくいですよね。

今は中華ブランドでも結構よさげなテントが販売されています。

こちらのモデルはなんと1万円以下。

重量3キロと山岳モデルに比べれば少し重たいですが、車からの移動なら女性の力でも余裕。

前室もあり、カラーもナチュラルで女子ソロキャンプの雰囲気にも合いそうです。

値段の割にアマゾンのレビューもかなりいいので、ソロキャンプをこれから始めたい!って人にはもってこいかも。

 

テント選びに関しては、るあらび編集長のヒロシとオソロのColemanのテントレビューもめちゃくちゃ参考になったので、気になる方は覗いてみてくださいな。

寝袋

寝袋

私が使っているのはアウトドアブランド『ミレー』のTRILOGY EDGE REGというモデル。

バックカントリースキーに行くときに雪山で泊まることを想定して購入したので、ダウン製で結構いいお値段するものです。

でも、正直時期にもよりますが、本州で冬以外の時期にキャンプするなら、ここまでのものは不要だと思います。

けどめちゃくちゃ軽くてふわふわで暖かいってことだけはお伝えしたいです。

 

夏メインでキャンプするなら、封筒型の寝袋がおすすめです。

暑いときに足が出せて、掛布団のような使い方もできます。

女子のソロキャンにピッタリなこんなかわいい寝袋もありましたよ。

5000円以下と価格も手ごろなので夏用に1枚買おうかな。

 

マット

マット

キャンプ初心者だと、案外甘く見てしまいがちなのがマット。

これは実は寝袋より大事なんじゃないかと私は思うわけです。

テントを張る場所にもよりますが、地面が硬かったり、小石が多かったりしますし、普段マットレスで寝てるとキャンプの時本当に地面が硬くて寝れないんですよ。

と、いうわけで何種類か試しましたが、空気を入れて膨らますタイプのマットが私は一番好みです。

実際に使っているのがこちら。

ISUKAのPEAK LITE MATTRESS。

空気を抜けばコンパクトに収納できるので、釣りの車中泊の時もかなり重宝しています。

 

で、最近の悩みがキャンプ時の枕です。

いつも適当に着替えなどの衣類だったり、ブランケットだったりを丸めて枕にして寝てるんですが、毎回首が痛いんですよ。

というわけで枕内蔵型もかなり気になっています。

 

焚き火台

焚火

焚火台はSnow Peakのものを使用しています。

これ、パートナーのもので、もうかれこれ10年くらい使っていますが。壊れたり劣化したりする気配がありません。

オシャレで気に入っているのですが、私も持ち運びの際に気合を入れないといけないくらい重たいので、女子のソロキャンにはベストと言い難いかな。

商品としては最高のモノです。

 

 

ソロキャンでも焚火をしっかりおこして調理したい人におすすめなのが、プレートを組み立てるタイプの焚火台。

軽量小型で持ち運びが楽だし、洗うのも楽。

焚火台は結局は単純なつくりのものが一番長持ちだし良いよねと思っている私です。

 

アウトドアチェア

椅子

キャンプで起きてる時間に一番過ごす時間が多いと言っても過言ではないのが、アウトドアチェアですね。

アウトドアチェアは座りごごちが大事。

見た目が良くても座ってみると全然違う!みたいなこともあるし、人のオススメで買っても体型が違うと体のおさまりも違います。

可能ならばアウトドアショップなどで試しに座ってみることをお勧めします。

アウトドアチェアにも小型の持ち歩きやすいものがありますが、これだけはガシっとした大きめの椅子を推奨します。

私は肩までしっかりもたれたれる、ハイバックのタイプが好きです。

最近はやりのローチェアタイプは、私足が疲れたり腰が痛くなりやすいのです…。

 

コッヘル

キャンプで欠かせないのが、調理器具にもお皿にもなる『コッヘル』です。

色々な形のものがありますが、私はこの2点セットのタイプが気に入っていて、上部はお鍋のふたにもなるし、小型フライパンとしても使用できるし、困ったときのお皿にもなります。

1つ持ってるとかなり重宝します。

 

ライト

ランタン

最近買ってよかったものが、このBAREBONESのライトです。

これ、めちゃくちゃオシャレなんですよ。

少し気泡の入ったオシャレなガラスにエジソン電球。光の広がり方も綺麗です。

家の中でインテリアとしても映えますし、アウトドアでも大活躍。

電気なんだけど、明かりがランタンのように暖かい感じがするんです。

私の使っているのはちょっと大きめのものなのですが、いろんな種類、カラーのかわいいライトがありまして。

アウトドア好きの女性はみんな好きだと思うから、お気に入りを探してみてほしい。

テーブル

いつも欲しい欲しいと思っているのがテーブルです。

登山の時にも使っている超小型のテーブルを使っているのですが、やっぱりこれだと小さいと感じるときがあります。

バックパックに入れて移動する人なんかにはおすすめです。

ちょっと重たくはなってしまうけれど、快適さを求めると木製のしっかりしたテーブルが欲しいなと思ってます。

 

なくてもいいけど、あるとオシャレなグッズ

やっぱり、ひとりとはいえ女子のソロキャンと言えばオシャレに過ごしたいですよね。

ここまではキャンプの必需品を紹介しましたが、これはあると一気にオシャレ!というアイテムを紹介していきます。

テーブルクロス、ランチョンマット

料理など、ちょっとした写真を撮る際に活躍するのがテーブルクロスやランチョンマット。

キャンプ用品自体はあまり派手じゃなくても、ここに柄物を取り入れてあげることで一気に写真も華やかになります。

当然、オシャレだと気分もあがりますよね。

私はこの手の柄ものはPENDLETONで揃えたいなと思っています。

 

カッティングボード

まな板

これも、ちょっとした写真の小道具にもなるカッティングボード。

食材を切るときのまな板としても使える、お皿のように盛り付けてもオシャレ、洗い物も減らせる。

まさに一石三鳥アイテムです。

我が家ではスノーピークのカッティングボードを使っていますが、これだけでもオシャレっぽくなるので気に入っています。

 

終わりに|可愛い持ち物と一緒に女子ソロキャンプを楽しもう♪

キャンプ

以上、女子ソロキャンの道具はどうやってみんな選んでるの?というお話でした。

実用性とオシャレを兼ね揃えた、素敵なキャンプサイトを作れると良いですよね。

キャンプサイトって、第二の家みたいなものです。

1から揃えるなら、テーマカラーを決めてインテリアを選ぶようにキャンプサイトを作ることだって可能です。

安心安全でかわいくに女子ソロキャンプを楽しみましょう。

 

ABOUT ME
ぐりゆう
田舎で半自給自足スローライフを実践中。 彼氏に引き摺り込まれバックカントリースキー、キャンプ、釣りが趣味になってしまったアウトドア女子。 アウトドアが身近にある田舎暮らしの魅力を伝えていきます。