ライフスタイル

田舎暮らしでネットビジネスを始めてみて思うこと

ネットビジネス

はじめまして、ぐりゆうです。

新卒で就職した会社を

「もう会社員向いてないかも…」

という思いから退職し、田舎でインターネットを駆使して、ストレスなく暮らしている20代後半の女です。

この記事を読んでくれている方は、『田舎暮らし』『ネットビジネス』に興味がある方ですよね。

「田舎に住みながら、できるだけインターネットビジネスで生計を立てていきたい!」と思い行動している私が伝えたいのは、

『ネットビジネスは田舎に移住するいつかじゃなくて、今から始めるべき』ということです。

本記事では田舎でネットビジネスで稼ぐのは

  • 誰でも簡単に即稼ぐ!のは難しい
  • 今から色々試してみるべき
  • 田舎でネットビジネスが成功すればスローライフがおくれる

そんな体験したことを書いています。

やる気さえあれば、ネットでのビジネスは低リスクで始められます。

『こんな暮らしが夢だな〜』とか『老後はこうしたいな〜』とか居酒屋で語ってるだけをそろそろ抜け出しませんか?

田舎に暮らす私でもできた小さなネットビジネス

ネットビジネス

私は人口6000人ほどの田舎町に暮らしながら、月の収入の半分ほどはインターネットビジネスで生計を立てています。

その内容ですが、主に以下のもの。

  • ブログ運営(アフィリエイト)
  • オリジナルグッズ販売
  • ハンドメイド作品販売
  • ライター業

このようなインターネットビジネスを始めたきっかけですが、

  1. 仕事が辛くて退職
  2. お金貯まったので留学を計画
  3. 新型コロナが流行し計画が頓挫
  4. 結果ただの無職
  5. 暇だなぁ。。。

ということで色々とできることを探し始めたという感じ。
もともとただのサービス業だったので、どれも全くの未経験から始めました。

そして今「田舎に移住してネットビジネスを始めたい」と思っている人に対して伝えたいことは、

『ネットビジネスは田舎に移住する【いつか】じゃなくて【今】から始めるべき』ということです。

すぐに稼ぐのは難しいからこそ小さく始める

ノマドワーカー

インターネット上で検索すると目につくのが、『ブログで月100万円以上稼ぐ成功者』など、ネットビジネスで儲けて楽して生きているように見える人たち。

そんな人たちが販売している儲かるブログ運営マニュアルや、運営しているオンラインサロンなど、簡単に儲けることができるように見えるものも多いです。

でも実際には

  • すぐに稼ぐのは難しい
  • めちゃくちゃ稼げている人は努力が自然にできて、かつ頭の良さやセンスのある人
  • 簡単に前職の収入を超える等のおいしい話はほぼない

というのが、私が色々なものに手を出したり、コツコツと続けてきて感じることです。

すぐに稼ぐのは難しい

リスク

私は無職になっても貯金があったのでマイペースに進めていたこともありますが、すぐに生活できるほど稼ぐというのはなかなか難しい話。

この生活を始めて1年過ぎてやっと、マイナスになることもあるけど、ぼちぼち生計たてられるようになってきたな〜と実感しています。

もちろん、爆速で収入を増やすツワモノも全くいないとは言えませんが、そういう人は努力しています。

それを簡単だと言う人は

  • 毎日その作業ばかりできる集中力がある
  • 目標を達成する能力が高い
  • ビジネスを体系的に理解している
  • 効率の良い方法を知っている、もしくはセンスがある

そんなどちらかと言うと特殊な人たちです。

なので例えば仕事を退職して、田舎に移住して「さあやるぞ!」と気合いを入れても、もともと持っている特殊なスキルがない限りは『ネットビジネスでコンスタントに生活費を稼げる』と簡単に考えないほうが良いです。

だからこそ、ネットでのビジネスは移住してからやってみよう!ではなくて、現状の仕事を続けながら副業として小さく始めてみることをお勧めします。

今は低リスクで始められるネットビジネスがある

今の環境を変えずに、リスクは小さく始められるネットビジネス。そんなプラットフォームのサービスが今は多く存在しています。

例えば

  • 未経験でもできる案件のあるクラウドワークス
  • 在庫なしでオリジナルグッズを販売できるSUZURI
  • ECサイトを運営できるBASEやSTORES
  • スキルを売ることができるココナラ

のようなものです。

これらをまずは副業で初めてみて、収入がどのくらい見込めるのか試してみると良いでしょう。

私はここに書いたものサービスのココナラ以外すべてを利用したことがあります。

『稼ぐ、成功する』よりも、自分の向き不向き、好き嫌いがなんとなく見えたのも良かったと思っています。

例えば

  • 商品のSNSでの広告は得意(集客できる)
  • ものを作ったりする作業は苦にならない
  • 自分の生み出した価値がお金になるのは、時間を売る何倍も嬉しい
  • 他人に合わせる柔軟性はない
  • イレギュラーやルールが多いものは向かない(ストレスになる)
  • 結果の見えない作業は嫌い

そんなことに気付けたのも、小さくビジネスを始めてみたからです。

『自分が本当に良いと思っていないものを売るのは嫌』そんな価値観を持っているということにも気づけました。

自分のことを知る、今後の方向性を考えるにも、興味のあるものでリスクの低い方法があるなら試してみると良いと思います。

収入が減って不安になると引っかかりやすいおいしい話

詐欺

副業から始めるのをお勧めするにはもう一つ理由が。

収入面が不安になると、人は『おいしい話』に引っかかりやすくなります。

それこそMLMやマルチ商法まがいのお誘いなんかに気付かず『これは素晴らしいビジネスモデルだ!』と加入してしまうなんてことも。

今は「いやいや、自分はそんなのに引っかからないよ」と思っていても、収入に不安があると焦ってFacebookのメッセージで返信してしまったりします。(私も実際に勧誘されてから気付いたことがあります苦笑)

ちなみに私はオンラインサロンにも入らないし、情報商材とか買わないタイプの人間です。財布の紐は硬いです。

今の世の中はインターネットで無料で情報収集ができます。

課金したとしても目からウロコの情報が出てくるとは限りません。

基本、何事も成功するにはコツコツやるしかないんです。

ズルすると、どこかで伸び悩んだり、足元を掬われたり、人から恨みを買ったりします。

ネットビジネスをするなら田舎暮らしが良い理由

田舎の風景

ここまでは『ネットビジネスは副業で始めるべき!』ということを書いてきました。

ある程度収入が安定してきたら田舎に暮らしてネットビジネス1本でやっていくのはどうなの?って話です。

ネットビジネスで生計を立てれて、田舎に住むのに興味があるなら『早く実行に移すべき』だと思います。

なぜなら

  • 固定費が安く済む
  • 食費が安く済ませられる
  • ストレスが少ない
  • スローライフが送れる

などメリットが多いから。

田舎の暮らしは本当にいいです。もう私は都会には住めない。

家賃など固定費が安く済む

まず最も差が大きいのは家賃です。

都会で1Kや1LDKの一般的な少し窮屈な一人暮らしでも、セキュリティなどを考えれば7、8万、ちょっといいところなら10万円越えはザラです。

田舎だと半分くらいの値段で部屋は借りられます。

ちなみに我が家は都会の一人暮らし物件の約半分の値段で、築30年ほどのリフォーム済み一軒家。

庭あり、畑あり、ガレージありです。

広いので仕事部屋に1室使えているので集中もしやすい。

そんな夢のある物件にも出会えますし、もし新築一軒家を夢見ているなら補助金など使えば都会ではありえない値段で大きな家を建てることができます。

控えめに言って田舎の住環境は最高です。

暮らし方次第で食費が安く済む

最初はなかなか裕福な暮らしができるほどの収入が見込めるかわかりませんが、だったら支出を減らすのはどうでしょう。

田舎に住むと比較的食費を減らすことができます。

「おすそ分け」があるからです。

とはいえ、何もせず家にいるだけでおすそ分けが家に届くのは運のいい人。

おすそ分けの輪に入るには、まず自分がおすそ分けをします。そのためにほぼ必須と言えるのが家庭菜園です。

家庭菜園をしていると言うと、家庭菜園の先輩たちが色々手伝ってくれたり、苗をくれたり、野菜をくれたり、と輪が生まれます。

食費が浮くのもそうですが、何かあったときに助け合える、そんな暖かい人間関係も含めて手に入れられれば、一生懸命稼いで成城○井で高い食材買うよりよっぽど幸福度が高いと思うのです。

騒音や人ごみなどストレスが少ない

都会にいると知らず知らずのうちにストレスにさらされています。

  • 生活騒音
  • 人混み
  • よくわからない他人の行動

普段何気なく思っているものも、意外と脳はストレスを溜めています。

たまに街に出たり、観光しに行って思うのが「こんなにうるさかった?」ってこと。

都会だと車の音、工事の音、サイレンなど生活騒音が当たり前ですよね。

田舎の住宅も少ない場所だと聞こえるのは鳥のさえずり、風の音くらいで人工的な音はほとんどしません。

先日友人を家に招いた時も「本当に音がしない」とびっくりしていました。

本当にスローライフが送れる

キャンプ

田舎でネットビジネスを始めると、自分の時間をコントロールできるようになります。

そうすると、自分で時間配分をして理想の毎日を送ることができます。

私の今の毎日ですが、

◇午前

  • 起床(目覚ましなし)
  • コーヒーをハンドドリップで淹れる
  • 畑に水やり
  • 朝食
  • 執筆作業などお仕事
  • 昼食

 

◇午後

  • 畑作業
  • 買い物や図書館
  • 読書
  • 野菜を収穫
  • 夕食準備
  • だらだら晩酌

とこんな感じです。

午前は仕事、午後は自分のやりたいことをやります。我ながら全然働いてない。笑

ですが、畑もやっているので食費もあまりかかりませんし、これでも大きく困ることはありません。

時間があるので、自分でできることが増えます。なので出費も抑えられます。

田舎はお金を使うタイプの娯楽が少ないですが、その分無料で楽しめる娯楽の楽しさが際立っています。

四六時中、自分のやりたいことをするのが本当のスローライフなんじゃないかなと思っています。

終わりに

PCと女性

以上、『田舎でネットビジネスしたいなら、ネットビジネス先にはじめちゃえば?』というお話でした。

始める前は色々調べたり二の足踏んだりしてしまいます。

ですが不思議なもので、1つ始めてしまえば「こんなことやってみてはどうだろう?」と次々アイディアが浮かんできます。

何をする時も思うのですが、一番パワーがいるのは『決断して行動に移すこと』です。

夢を語るよりも、アイディアを行動に移すことが第一歩なんだなと感じる毎日です。

ABOUT ME
ぐりゆう
田舎で半自給自足スローライフを実践中。 彼氏に引き摺り込まれバックカントリースキー、キャンプ、釣りが趣味になってしまったアウトドア女子。 アウトドアが身近にある田舎暮らしの魅力を伝えていきます。